セクハラをスルーしてきて、ごめんなさい。

最近、テレビやニュースではセクシャルハラスメント(セクハラ)が話題になっています。絶対にあってはならないことですし、どんな事情があっても嫌なものは嫌と、声をあげて戦うのは大事です。

しかし、この話題を耳にするにつけ、今、30代の後半に差しかかろうとしている私は、なんとなく申し訳ない気持ちになってしまうのです。

私たちの世代は、全員とは言いませんが、ある程度のセクハラをかわさないと生きていけませんでした。とくに仕事面において。

それがやっと今、「セクハラは嫌だ」「これはセクハラです」と大声をあげることができる時代になってきました。そのこと自体はすごく素晴らしいことですし、やっと日本も世界標準に追いついてきたのかなと思います。

だからこそ、老婆心ながら、セクハラをかわしてきてしまった私たち世代が伝えたいこと。

自分の身は自分で守ること

セクハラは嫌です。私も受けた経験がありますし、働く女性なら、一度や二度は経験がある人が多いのではないでしょうか。残念ながら。

セクハラの相手が社内の場合もあるでしょうし、取引先とか取材相手のように外部の人の場合もあるでしょう。相手によっては、声をあげづらい状況も容易に想像できます。

ただ、自分の身は自分で守ることが大事です。というか、あなたを守れるのは、あなたしかいないのです。

セクハラを受けて嫌な思いをしたら、はっきり嫌と意思表示をし、上司に言うなり、人事部に相談してください。決してひとりで抱えこむようなことはしないで。ひたすら我慢するのも、絶対に違うと思うのです。

もうひとつ。これは私が小学生の時に母から言われたこと。たとえそれが友達の父親であっても、「男性の家にひとりでついて行ってはいけない」ということ。

当時はこの意味がまったく理解できませんでしたが、今だからこそ、「お母さん、ありがとう」という気持ちです。

もちろん、男性の中にも紳士的な人もたくさんいます。でも残念ながら、性善説を信じて痛い目に遭うのは他でもない私たち女性です。だから、自意識過剰くらいがちょうどいいのかもしれません。

セクハラをスルーしないで

自分のことを思い返してみると、今となっては、ビジネスをしている中でセクハラを感じることがなくなりました。

キャリアを重ねたから?と思いきや、そうではありません。会社内や飲み会で下ネタを含むセクハラ発言をされても、まったく聞いていないのです。

どうやら、すべてのセクハラ発言を完全にスルーしていたよう。

ここ一連のセクハラ問題が話題になって初めて気づきました。私たち世代は、セクハラをスルーしないと生き抜いて来られなかったのかもしれない、と。処世術として、自分自身に起こるセクハラを見て見ぬ振りをし、なんとかやり過ごしてきたのです。

でも、そんな私たちの処世術が、セクハラが今もなおなくならない現状を生んでしまったのかも……と反省しています。

だからこそ、みなさんに伝えたいのは、くれぐれもセクハラをスルーしないで!ということ。

セクハラ罪なんてない、などと言われることがないように。セクハラが悪であると認識されるように、声に出していってほしいと思います。

関連する記事

セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
若い女性のエンパワーメントやジェンダー平等を推進してきたイギリスの女優エマ・ワトソンが、職場でセクハラ被害に遭う女性たちのために法的アドバイスを提供する無...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
86%のブラジル人女性がクラブでセクハラを受けたことがあります。ことの重大さを伝えるため、実際に女性がどのくらい男性に体を触られるのかを検証しました。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
国際労働機関(ILO)は、仕事でのハラスメントを禁じる初めての条約を採択。背景には、セクハラや性暴力を告発する「#Me Too」運動の世界的な広がりがみられる。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
1月15〜16日、「東京タワー」の特設会場にて、新感覚のいちご狩りが楽しめるイベント「いちごさんドライブスルー」が開催される。
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ある企画で1950年代の広告と現代の価値観を反映させた「自作広告」を比較しました。「キッチンから出なさい!」と言う誇らしげな女性など、今ではビックリの価値...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
建設業界のイメージアップを目的に、「ジムではなく現場で汗を流し、ダンベルではなく鉄骨で鍛えた“なま筋肉”」を題材にした写真集が発売される。モデルは、建設業...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。