働く女子が習得しておくべきサバイバル術

はーい!働く女子のみなさん、ちょっと集まって。ここで質問です。

「あなたは、なんのために仕事をしていますか?」

社会貢献?自己実現?お金?

人によって働く意味は様々でしょう。そこに正解も不正解もありません。しかしながら、働く女子がいずれ直面するのが、結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くことそのものをやめるという選択肢が出てくるかもしれません。

では、大きな決断を迫られた時、働く女子はどうやってサバイブしていけばいいのでしょうか?

ロールモデルを作る

「女性活躍」って声高に言われているけれど、その実態がよくわからないという人は意外と多いのではないでしょうか。

バリバリ働き続けること?やりたいことを追求すること?

どういう選択をするにせよ、必要なのはロールモデル、わかりやすく言うと、お手本や見本になる人を設定することです。

目標とするロールモデルは手が届きそうな立場の人でなければ、どうせ自分には無理と思って参考にしません。(中略)社内外で多くの人生の先輩に出会える機会を作ることです。

みんながスーパーウーマンにはなれません。だから不可能に近い憧れよりも、もう少し身近な、ちょっとだけがんばればマネできそうな人を探してみて。

「女性の敵は女性」を肝に銘じる

働く女性の敵は絶対に男性!と思いきや、意外にも敵は理解者であるはずの同じ境遇の女性だったり。ちょっと怖い話ですが、思い当たる節がある方もいるのでは。

女性の生き方も多様になっており、「女同士だから分かりあえるでしょ」が通用しない場面が多くなってきているのです

様々な問題はありつつも、今、私たちが働けているのは、並々ならぬ努力をして会社勤めや仕事を続けた40代、50代の女性たちがいるからこそ。もちろん感謝はしていますが、先輩たちからすると私たちは国や制度に守られていると見えることも…。

大事なのは「同性だからわかってくれて当然」ではなく、互いを理解しようとする姿勢なのかもしれません。

私たちは未来を作っているのだ
と理解する

ちょっと難しい話に聞こえるかもしれませんが、少子高齢化が進む日本で、労働力の確保という意味では女性の活躍はなくてはならないもの。っていうことは頭では理解できていても、実際問題、女性が仕事を続けていくことはとても大変です。

でも、ちょっと待って。私たちは“今”のことだけを考えていればいいのでしょうか?

あなたの今の状況は先輩たちが「手に入れたいと望んでいた未来」です。(中略)恩恵を享受するだけに留まらず、次世代のために明るい未来をつくる側にあなたも加わってください

大きな責任を感じる必要はないと思うんです。でも、私たちの後輩が、子どもたちが、今と同じ悩みを持たないように、ちょっとずつ変えていけたとしたら…。そのために、今の私たちの決断があるのだとしたら…。

そう思えたら、大きな決断の行方も少しだけ見えてくるかもしれません。


 

働きたいのに働けない

キャリアアップをしたいのにできない

両立したいのに諦めざるをえない

そうした状況に陥る人を減らしたい

人生の選択肢を多く持てる人を増やしたい

ちなみに…大卒の女性総合職が出産を機に離職した場合、離職せずに働き続けた場合と比べると生涯賃金でなんと2億円もの差がでるのです。2億円ですよ?2億円!

お金が全てではないけれど、この金額を聞くと考えちゃいますよね。

《選択肢を増やしたい人はこちらの本をチェック!》

働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
自分の「幸福度」を高める、働き方。
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...