働く女子の社内処世術~女性の先輩編~

今でこそ起業したので会社内の人間関係の悩みは少ないのですが、20代は悩んでいました。

就職して3年くらいは、先輩や上司から理不尽に怒られたり嫌味を言われることもたくさん。でも気づいたのです。人間関係にイライラするよりも、自分から行動をおこしてストレスフリーの毎日を送りたいと。

しかし、わたしは年上の先輩、特に女性とどううまく付き合っていいのかがわかりませんでした。そこで、先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返した結果、3つのポイントがあるということがわかったのです。

そんなわたしの会社内の女性先輩への処世術を教えます!

1 小さな変化を見逃さない

基本的に女性は褒められたいもの。“髪型が変わった”なんてわかりやすい違いには、絶対に気づいてあげましょう。

「髪型、変えました?ステキですね~❤️」

そうやって口に出すことはとても大事です。

でも、もっと大切なのは、男性では気づかないような小さな変化を見逃さないこと。同じ髪型でも前髪だけ切ったとか、メイクの色味が変わったなど、ちょっとでも「あれ?」と思ったら口に出してみてください。

「リップの色、変えました?お似合いですね~❤️」

この一言の効果ったらありません。ただし、わざとらしく言うのは要注意!女性は敏感ですからね。

2 お礼は言葉よりもモノで

先輩が仕事を手伝ってくれた時、ミスをリカバーしてくれた時など、「助けてもらったな」と感じた際に、お礼の言葉「ありがとうございます!」だけではいけません。お礼を言わないのは論外ですが、感謝の気持ちを小さなモノであらわしてください。ジュース1本でも、チョコレート1箱でもいいのです。気持ちですから。

モノを渡すことで、感謝の気持ちが形になります。そうすると、ふとした時に先輩がそのモノを目にして、「あ、これはあの子からもらったんだっけ」と思うんです。これが大事。言葉って忘れ去られてしまうんですよね。でも、モノは残りますから。

ただし、高価すぎるモノはダメ!相手も気を遣ってしまいます。わたしは200円くらいがちょうどいいと思っています。

3 帰る時に必ず一言

「何か手伝えることありますか?」

これは魔法の言葉です!仕事を終えて帰ろうという時は、必ずこの言葉を伝えましょう。あ、でも用事があって早く帰らなくてはならない時には絶対に言ってはいけませんよ。

この魔法の言葉の効果は抜群!たいていは、「いいよ~、早く帰りなよ~」と言われるでしょう。そんな時は、「お先に失礼します!」と元気よく挨拶をして、遠慮なく先に帰ってください。それでも、言われた先輩は「気の遣える子だわ~」と気持ちよくなり、あなたの株が上がります。

でも、もし先輩が本当に困っていたら…

「30分だけ助けてもらってもいい?」
「この仕事だけお願いしてもいいかな?」

とSOSを出してきます。その時は、お互い様の精神で気持ちよく手伝えばいいのです。先輩だって、困っている時に助けてもらえることほど、ありがたいことはありません。恩を売るって言ってしまうとそれまでですが、この恩はあとあと効いてきますよ。


ここだけの話、女性の先輩が一番厄介ですよね(笑)?でも、わたしはこの3つを使いこなせるようになってから、会社内で女性の先輩ともめたことも、意地悪をされたこともありません。

「近寄りがたいな、怖いな」と思う先輩がいたら、このうちのひとつでもいいので、トライしてみてください。「早くやればよかった」と思うはずですよ!

会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
誰にも咎められることなく、円滑に社内恋愛を謳歌したい。それには、この“鉄の掟”を守ること。と「Mybreast」がグラフィックを用いて紹介しています。もし...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
理系女子を指す「リケジョ」という言葉。最近、よく耳にしますよね。颯爽としていて、知的なイメージ。でも、いわゆる「女子」の一面が垣間見えることも当然あります...