新生活の2週間で絶対にやっておくべき5つのこと

入社や転職、社内異動などでこの4月に生活がガラリと変わった人も多いのではないでしょうか?

新しい環境はドキドキワクワクする反面、不安になりますよね。私も転職したり、取り巻く環境が変わるたびに、「うまくやっていけるだろうか」と心配になっていました。でもその度に、“最初の2週間だけやってみること”を実践したのです。

最初の2週間は、研修があったり歓迎会があったりと、仕事はそこまで忙しくないでしょう。だからこそ、ぜひトライしてみてください。そうすると、驚くほどスムーズに新しい環境に入っていけますよ。

1 始業時間の30分前に出社する

4957481906208768

『働き方改革』が叫ばれている今のこの時代に、30分も前に出社するなんて「え⁉︎」と思いますよね。

でも、誰よりも早く出社するだけで、周りに「やる気がある!」と印象づけることができるのです。さらに最初の2週間にこれをするだけで、「あの人は早く出社する人」というイメージを固定することができるので、その後は始業時間ギリギリでも目立たなくなるというメリットも。

もちろん入社や異動直後に遅刻の心配もないので、オススメです。

2 電話はワンコールでとる

6430840238112768

「電話をとることは仕事ではない」という人が言いますが、最初の2週間、いや最初の1ヶ月ぐらいは、積極的に電話をとりましょう。

電話に出るのって、先輩社員も面倒なんです。営業電話なども多いですしね。だからこそ、その面倒を買ってくれる人は、単純にとても感謝されます。

さらに、電話に出ることで部署内の人の名前が覚えられますし、取引先の会社名なども自然と覚えることができます。まさに一石二鳥です。

3 大きな声で挨拶をする

5768478434787328

項目に入れるのは忍びないぐらい基本的なことではあるのですが、挨拶ができない人が多いなぁと本当に感じます。

「わたしはちゃんと挨拶してるよ」という人もいると思いますが、その挨拶、ちゃんと返ってきていますか?返ってきていないということは、相手に聞こえていないのです。相手に届いていない挨拶は、していないのと一緒。

「おはようございます」
「お疲れ様です」
「お先に失礼します」 

この3つは必ず大きな声で、相手からも返ってくるような挨拶をしましょう。

4 ランチに誘う

5381614624309248

自分からランチを誘うこと、難しいですよね。でもこれは、自分の殻を破るチャンス。

隣の席の人でも誰でもいいので、「ランチ、ご一緒させてもらえますか?」と勇気を出して話しかけてみましょう。この時に、「いろいろ教えてください」という一言も忘れずに。仕事に対して努力していると印象づけられます。

5 同じフロアーにいる人、全員に話しかける

6183345700470784

ワンフロアに数十人いるような大きな会社も、数人しかいない小さな会社も同じです。一緒に働いている人には、自分から自己紹介をしましょう。

「〇〇課の〇〇です。これからよろしくお願いいたします」

これだけでOK!自己PRとか好きな食べ物とか、そんなことを言う必要はありません。重要なのは、自分から話しかけて、自己紹介をすること。

違う部署の人だから関係ないとは、思わないでくださいね。いつ、どこで一緒に仕事をすることになるのかはわかりません。だからこそ、最初の印象はとても大切。ちゃんと目を見て、話しかけましょう。


いかがでしたか?

当たり前のことだな……と感じた方、実はその“当たり前”ができていないことって、多いのではないでしょうか。

面倒くさいな……と感じた方、このたった5つのことをやるだけであなたの評判が上がること間違いなし!だったらやってみませんか?

この2週間の過ごし方であなたのその後が決まる!といっても過言ではありませんよ。

新生活が始まって数ヶ月が経ち、新入社員のみなさんも、受け入れた会社側も、お互いに慣れてきた頃ではないでしょうか。最初は右も左もわからなかったところから、少...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
新年度になり、約1ヶ月。入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当た...
2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
自分の仕事を振り返ってみて「最近なんだか、生産性が落ちている」。そんな気がしたら、日曜の夜の時間の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。ウィークデ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
世界に通用する人材になるためのワークショップを開講している布留川勝さんの著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...