新入社員とギクシャクしないために、知っておきたい「4つの鉄則」

新年度になり、約1ヶ月。

入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当たる人は振り返ってみて下さい。早く戦力になってほしいからと、初めからひたすら業務を教え込んでいませんでしたか?

Inc.」の人気ライターJeff Hadenによれば、最初は業務内容を覚えることより、仕事に対して正しい物の見方でアプローチしてもらうことのほうが大事だといいます。新入社員のパフォーマンスを上げるために、上司として最初から伝えておくべき4つのことを紹介します。

01.
「なぜその仕事をするか?」
を明確に

新しく入社した人たちには、もちろん業務のやり方を覚えてもらう必要がありますが、まず最初に、会社の基本的なバリューについて、とことん理解してもらうことが大事です。何の仕事であろうと、1つや2つの差が結果へと繋がっていくのです。クオリティかサービスか、それとも低価格だからか。もしくは築き上げてきた顧客との繋がりかもしれません。他の側面も重要ですが、すべてのビジネスには運命を左右する事柄があるものです。

スタートはまさにここ。そして先へと進んでいくのです。新入社員の仕事がどのように価値を作っていくか、他社との競争に勝つうえでどのように影響していくかを説明してください。会社の主な目標と従業員の繋がりを、明確で直接的なものにしてあげましょう。彼らは何をすべきかも知る必要がありますが、「なぜそれをやるのか」を知ることのほうが大事なのです。

だからこそ、つねに「なぜ?」で始めてください。

02.
相手先とのやりとりで生まれる
「バリュー」を説明する

まだ一度も顔を合わせていなかったとしても、新しい従業員は社内外に顧客を持つことになります。その人たちと仕事をすることで、新入社員がどのようにビジネスバリューを生み出すことになるのか、しっかり時間をとって説明してください。

どこまで話したらいいかは難しいところですが、話さなくても彼らは理解してくれるだろう、なんて都合のいい想定をするのはやめてください。それに、自分たちだけで理解しなければいけない、なんていうこともないのです。

03.
タスクを与えることで
仕事の重要性を実感してもらう

初めのうちから、仕事のタスクを少なくとも1つは達成してもらってください。なぜか。

結果は重要なのだとハッキリさせるだけではなく、達成感を感じながら家に帰ってもらうことができるからです(丸1日、または数日かけたオリエンテーションはさすがに退屈だし、新しい環境に順応するのがより難しくなってしまいます)。

タスクをどのように行うかは、大きな一連のプロセスを実際に行える大きさに分ければいいのです。そうすることで、自分の役割がどのように会社のバリューを作っていくのか、すぐに見ることができます。そしてあなたが相手に、早くて建設的なフィードバックを与える素晴らしい機会にもなり、新入社員がより良いパフォーマンスをする助けにもなるのです。

04.
「なぜ採用したのか」を伝え
長所をのばす

すべての従業員は、それぞれ理由があって採用されているわけです(正直に言うと、多才な人より、本当に必要なのは何かに対してズバ抜けてできる人なはず)。だからこそ、採用した理由を相手がすでに理解している、なんて思ってはいけません。

新入社員に「なぜ雇ったのか」を伝えるようにしてください。与える役割についてではなく「なぜその人が適任だったのか」を。

スキルや経験、態度や労働意欲を褒めるようにしましょう。さらに重要なことは、それらを実際にやってもらう業務に強く結びつけることで、彼らが自分の特徴や存在意義を見失わないようにしてあげることです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
新生活が始まって数ヶ月が経ち、新入社員のみなさんも、受け入れた会社側も、お互いに慣れてきた頃ではないでしょうか。最初は右も左もわからなかったところから、少...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
ほとんどの上司が、部下をどのように管理すべきかということにばかり気を取られています。しかし部下にとっては、上司から何を学べるかの方が大切。あなたは、部下が...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
ビルゲイツが「社員全員の車ナンバーを記憶していた」というのは、有名な話ですよね。でも、それがなぜだか知っていましたか?残業してまで、努力している人たちを把...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
多忙を極め、タスクに集中することや外部の人との付き合いが多いと、部下との関係構築はなかなか難しいかもしれない。そこで、マネージメント経験があるPeter ...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
なぜか優秀な人から辞めていく。そんな職場に身を置いたことはありませんか?自身もCEOとして活躍するElle Kaplan氏は「Inc.」の記事のなかで「で...
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...