新入社員が「苦痛」に感じがちな3つのこと

新生活が始まって数ヶ月が経ち、新入社員のみなさんも、受け入れた会社側も、お互いに慣れてきた頃ではないでしょうか。最初は右も左もわからなかったところから、少し周りが見えてくると、会社に対する不満も増えてくるでしょう。

Inc.com」のライターNicolas Coleさんは、新入社員が苦痛に感じがちな3つの要素をまとめていました。

01.
会社のコンピューターや
システムが古い

968d4c124753113ea81047158032e5c0da04df96

新入社員の世代にとって、テクノロジーは手足のようなもの。初めてのレストランに行くとや、道は地図で調べるときも、新しいアプリの使い方を覚えるほうが圧倒的に早いでしょう。

だから10年も昔のソフトしか入っていない、15分に1回は動作にラグがあるような古いパソコンしかないのに「生産性を上げろ」とか言われても困ってしまうわけです。15秒のYouTube広告を見るのでさえイライラするというのに、仕事で必要なときに思うようにパソコンが動かないことのなんと堪えがたいことか…。

「それくらい我慢しろ」なんて言ってもまったく無意味です。コンピューターと仕事が一体化しているのが、今のデジタル世代なのです。

02.
できない上司の
下につくこと

想像してみてください。あなたは高校や大学で優秀な成績を修めていた学生、または博士号を取得した大学院生、または学校で生徒会長をしていたかもしれません。

そんなあなたが就職したら、こんな人が上司になりました。30歳も年上で、不幸にも離婚していて、7匹の猫と暮らしていて、ダイエットコーラばかり飲んでいる。3週間以上もこんな人に付き沿って、従って行動しなければならないとしたら…?

きっとプロジェクトをスムーズに進めるためには、上司と関わらないのが正解だと判断するでしょう。

残念ながら、これが多くの新入社員の正直な気持ちです。

別に学校の優等生でなかったとしても、誰かに管理されるというのは耐えがたいことです。上司が自分より上の立場なのは、単純に長く会社に勤めているからだと思っているのです。

しかし安易に叱り飛ばさず、辛抱強く対応しましょう。新入社員の立場から物事を見てみれば、意外な発見がたくさんあるでしょうから。

03.
会社が口先だけで
行動が伴っていないこと

0d7e9c8f33a700f770db10178b6057c28a8d9e7e

「業界のリーダーです」と言いながら、20年間リニューアルされていないかのようなダサいウェブサイトしかない会社。
「未来を考えます」と言っているのに、ウェブサイトがスマホに対応していない広告代理店。
「結果にこだわります」と主張していても、結局やっていることはマニュアルの熟読という会社…。

残念ながら、そんな会社はたくさんあります。

難しいのは、実際に就職してみるまで内部がどうなっているかはわからないということです。ポジティブなカルチャーを持って未来を切り拓くと謳う企業が、中に入ってみると誰も熱意を持っておらず、それどころか些細なことで新入社員をいじめているのかもしれません。

新入社員は競争意識が低く忍耐力に欠ける…そんな言い訳はもうやめましょう。新しい仲間に成功してほしいのなら、それができる環境をきちんと与えるべきです。

それに、新入社員の視点から学ぶべきこともあります。ひょっとしたら、自分が成功できないのは、彼らが言うように、会社の環境のせいなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ビルゲイツが「社員全員の車ナンバーを記憶していた」というのは、有名な話ですよね。でも、それがなぜだか知っていましたか?残業してまで、努力している人たちを把...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ビジネスカテゴリーの真面目な記事なのですが……。え〜と、日本人が使うとちょっぴりキザなセリフが多いです。
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
新年度になり、約1ヶ月。入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当た...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...