今日から使える!あなたの「先延ばし癖」を克服するコツ

面倒なことはついつい先延ばし。でも、そうしたことこそが、本当にしなければいけないことだったりも。モチベーションをコントロールして弱い自分に打ち勝つコツを、ライターRenita Kalhorn氏が教えてくれました。うーん、これは使えそう。

ステップ1:
時間が解決してくれる、
とは考えない

初めの一歩は非常にシンプル。人がやるべきことを後回しにするのは、その人自身が「よしやろう!」という気になっておらず、「きっと時間がたてばやる気になるはず」と信じているから。

でも、もちろんそんな保証はどこにもありません。そのことを理解しましょう。

ステップ2:
抵抗の対象を明確に

もし何かを先延ばしにしようとしているのなら、そのタスク全体を見るのではなく、細分化して要素を抜き出すこと。全体を見ようとすることが、拒否反応を起こす原因です。

自分自身に尋ねてみましょう。「結局、何を恐れているの?」と。例えば、プレゼンテーションシートを作ること自体が嫌なわけではなく、それに関するデータ収集時の上司とのコミュニケーションが、先延ばしにしたい理由かもしれません。

自身が抵抗したくなる対象を明確にし、やる気がそがれてしまう前に、対処法を見つけられるようにしましょう。

ステップ3:
必要な時間を把握する

何かをやり始めるとき、それにどのくらい時間がかかるかが分からないほうが大変であることを覚えておきましょう。取り組まなければならないタスクが目の前にあるときには、それに費やす時間をあらかじめ決めれば、リラックスでき、先延ばしにしたい気持ちを抑えられます。嫌だなと感じる時間がどのくらいかを知ることができるから。

ステップ4:
「小さなゴール」を設定

立往生した車を押すときは、まず数センチ動かそうとしますよね。いきなり数メートル動かそうとは思わないはずです。それと同じで、大きなプロジェクトに正面から攻め込んでいくだけでは、ひとたまりもありません。小さなゴールを達成することからはじめ、それを積み重ねていくことで先延ばしにしたい衝動を抑えましょう。

生物学的にも、小さなゴールを設定することは、うまく私たちに作用します。脳が何かをできたと認識するとセロトニンが生成され、心は穏やかになり、満足感を覚え、モチベーションにつながるのです。

ステップ5:
ときには行動を止める

やるべきタスクを遂行するためには、時には立ち止まってでも勢いをつけることが重要。うまくいっているときこそ、立ち止まることで、次に何が起こるかを知ることができるのです。そして、次の行動をきちんと把握しているからこそ、無気力になる時間を最小限に抑え、立ち止まったところから容易に作業に戻れます。

Licensed material used with permission by Renita Kalhorn
物事を先延ばしにしてしまうこと、結構ありますよね。締切ギリギリになると、大きな力を発揮して乗り越えられるものですが、心身のダメージは決して小さくないはずで...
今年こそ“先延ばし癖”を直すために、何をするべきなのか。それを調べてみたんですが、いろんな人のスピーチや研究結果・調査をみても結局は、自分自身が「先延ばし...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
サーフショップの店員から、「TalentSmart」の共同創設者となったTravis Bradberry氏。華麗な転身を遂げた彼が教える「キャリアに関する...
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
女優として活躍し、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークル。婚約を発表したことで、彼女に改めてスポットライトが当たり、拡散したあるスピーチがある。2015...