仕事の生産性を高める4つのコツ。ポイントは「52分の労働と17分の休憩」だ

「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いました。まずは1週間目標で続けてみます!

「労働と休憩のサイクル」を
守ることが重要

ラトビアのDraugiem Groupが、労働者の働き方を調査。色々なタスクに費やした時間とその生産性を比較しました。もっとも興味深かったのは長時間続けて働いた人より、短時間の休憩をきちんと取っていた人のほうがはるかに生産的だったこと。

理想的な割合は、52分の労働に対して17分の休憩。このサイクルを守ることが出来た人は、仕事に対する集中力が非常に持続していたのです。ほんのちょっとだけFacebookをチェックしたり、なんてこともありませんでした。

さらに、その休憩時間には、仕事のことは一切考えないように。こうすることで、気持ちを入れ替えてまた次の1時間を集中して過ごすことが出来るのです。

ではここで、もう一度、生産性を高めるために重要な4つのことをまとめましょう。

01.
1日を1時間ごとに分ける

その日、その週、その月に終わらせなければいけないスケジュールに沿って仕事をするのは自然なこと。でも、今そのときに終わらせなければいけないことに集中するとグンと効率が上がります。

具体的には、1日を1時間ごとに分けること。先に述べた通りきっちりとやりたいなら、52分の労働と17分の休憩ですが、1時間ごとでも十分。

02.
作業時間はMAXに集中

1日を細切れに分ける方法は、作業時間に最高の集中力を発揮してこそ成立するもの。その時間を大切にせずSNSをチェックしたりすると、このアプローチを根本から否定することになります。

03.
休むときは思い切り休む

Draugiem Groupの研究によると、意図的にリラックスできるような休憩を取った人はより効率的な仕事をしていました。PCや仕事のTo-Doリストから離れることこそが、効率を上げるカギなのです。

散歩したり、読書をしたり。はたまた、おしゃべりをしたり。忙しい日には休憩中にメールをチェックしたくなってしまうものですが、それは休憩ではありません。この誘惑に負けないように気を付けましょう。

04.
体のサインを待たずに
時間を守って休憩

疲れを感じてから休憩に入ると、厳密にはもう遅い。なぜなら、その頃には既に最高の効率で働ける状態ではなくなっているから。とはいえ、まだ疲れていなくとも、1時間働いたときにはきちんと休憩を取りましょう。

Licensed material used with permission by Travis Bradberry

ABOUT THE AUTHOR: Travis Bradberry, Ph.D.
Dr. Travis Bradberry is the award-winning coauthor of Emotional Intelligence 2.0 and the cofounder ofTalentSmart® the world’s leading provider of emotional intelligence tests and training serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries.
Dr. Bradberry is a LinkedIn Influencer and a regular contributor to Forbes, Inc., Entrepreneur, The World Economic Forum, and The Huffington Post. He has written for, or been covered by, Newsweek, BusinessWeek, Fortune, Fast Company, USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, andThe Harvard Business Review.

関連する記事

オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
「レノボ」が10ヵ国を対象におこなった国際調査によると、「在宅勤務で生産性が向上した」と述べる人の割合が対象国の平均より17%も下回る結果に。その理由とし...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
円滑な人間関係が築けるだけでなく、ビジネスにおいても重要な柔軟性。就活でもキーワードとなります。この記事では柔軟性がある人とない人の特徴だけでなく、日常生...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...