7つの質問でわかる、あなたの「ワーカホリック診断」

長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。

「働き方先進国」
北欧ノルウェー

世界的には、短時間労働で集中して、時間当たりの生産性を上げている方針が主流になりつつあります。中でも北欧の国ノルウェーでは、非常に厳しく残業が規制されており、定時以降に仕事をすることはありえない、と言われるほど。

そんなノルウェーのベルゲン大学で、Cecilie Schou Andreassen博士が2012年に発表した研究は、いわゆるワーカホリックな人を診断する手法の開発でした。

7項目の診断を
5段階でチェック

Andreassen博士は、ワーカホリックな人には他の依存症と同様の特徴があると考え、以下のような7つのチェックリストを作成しました。自分は大丈夫かどうか、ぜひチェックしてみてください。

(1)全くない
(2)稀にある
(3)ときどきある
(4)よくある
(5)ほとんどいつもそうだ

の5段階で答えてみてくださいね。

・どうやったら仕事をする時間を作れるか常に考えている

・本来やるべきより多く仕事をしている

・罪悪感、不安感、無力感、憂鬱などを払うために仕事をしている

・他の人に仕事を減らすべきだと言われたことがある

・仕事ができない状況になるとストレスを感じる

・趣味やレジャー、運動などを仕事のために犠牲にしている

・健康に悪影響があるほど働いている

この7つの項目のうち、4つ以上が「(4)よくある」または「(5)ほとんどいつもそうだ」だったあなたは、ワーカホリックの可能性があります。

日本の労働環境も
見直しが急務?

日本は戦後のサラリーマン文化の影響が強く、まだまだ長時間労働文化が根強く残っています。海外では、日本のサラリーマンはワーカホリックの代名詞とされることも珍しくありません。

情報化によりこれまでと社会の前提が変わってきた以上、グローバルな競争の中で生き残っていくためには、ノルウェーに倣って労働文化もどんどん変えていく必要があるのかもしれません。

オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
「6curry」と「LEBECCA boutique」のコラボワンピース第二弾がお目見え。ジェンダーフリーに誰もが身に纏えるよう、レディースサイズとユニセ...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
ニューノーマルが叫ばれるなかで、働けば働くほど集中力が下がるという調査結果をもとに「1日8時間」という労働時間の規定に対しても疑問が湧き上がる。
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...