懸命に働くロボットたち。ショートフィルム『悪循環』のメッセージとは?

単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。

映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほどのショートフィルム「Vicious Cycle(悪循環)」。キュートなロボットが繰り広げるそのショッキングな内容に、思わず考えさせられてしまいます。

単調に働き続ける
ロボット

四角い顔に丸い目、胸から覗く歯車が可愛らしいロボットたち。彼らは機械仕掛けによって、退屈な仕事をひたすら繰り返します。

労働はどんどん、加速する。

最初はのんびりと働いていたロボットたちですが、慣れてくると、どんどん早い動きを強いられていきます。

そして、過重労働の先には…

そのあまりのスピードに、ロボットたちはやがて限界を迎えます。四肢はちぎれ、部品は吹き飛ばされ、こぼれる赤いビーズは、まるで血のようです。

壊れていった
ロボットたちの末路

過酷な労働のなかで壊れていったロボットたちは、拍子抜けするほどすぐに新しいものに取り替えられ、同じような労働が再び始まります。

こんな働き方、正しいの?

「この映像は、観る人によって色んな捉え方ができるはず。たとえば、人々がどんなに単調でつまらない仕事をしていて、酷使されているか。そしてどれほど簡単に“リプレイス”されてしまうのか。このロボットたちはメカニズムの奴隷で、仕組みがないとただの役立たずなのではないか。人生のどのタイミングで観るかによっても、感じることは変わってくるかもしれない。とても興味深いことだと思うんだ」

そう語るのは、監督のMichael Marczewski氏。

チャーリー・チャップリンが、映画『モダン・タイムス』で、資本主義の進展と工業化の果てに人間が疎外されていく社会を風刺したのが、1936年のこと。

それから80年以上が経っているにも関わらず、私たちはこの根本的な問題に対する答えを、未だ見つけられずにいるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Michael Marczewski
他の記事を見る
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。
自分の「幸福度」を高める、働き方。
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
もう、何度もこういう写真を見ている。そして、だいたいが外国人フォトグラファーだ。そして、だいたい彼らはこう言う。「働きすぎのロボットみたいだ」と。
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...