上司はいらない!?「ミレニアル世代」の働き方

20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミレニアル世代」。

様々な世代が混在するような職場では特に、彼らについて色んな意見があると思います。マイナスイメージを持っている人もいれば、「デジタルネイティブ」とも呼ばれるこの世代は、親しみやすさや多様性で良い変化をもたらすと評価する人もいるでしょう。

いずれにせよ、仕事に対してこれまでと比べて大きく異なる見方をしているこの世代が、労働人口の中で増加の一途をたどっています。そんなミレニアル世代の特徴をライターのEllie Martinさんが「Elite Daily」にまとめています。

01.
労働人口の4分の3が
「ミレニアル世代」に

アメリカでの統計によれば、ミレニアル世代は世代別で労働人口を見てみると、これまでで最も多い世代になります。アメリカには8,000万人もいて、これはベビーブーマー世代を約400万人以上も上回ります。2025年までには、働く人の4人のうち3人はミレニアル世代になります。

単に労働人口が多いからというわけではありませんが、すでに彼らは職場に変化をもたらしています。物事の進め方に意見を出したがり、上司は自分たちから学べることもあるというのです。そんな彼らが求めるリーダー像は、オープンで明瞭、正直でコミュニケーション力があり、誠実さと透明性を持って協力する人間。

02.
上司は相談できる人

ミレニアル世代は知識を与えてくれ、サポートしてくれるリーダーの下で成長し、強制的に仕事を押し付けてくるような人は回避しようとします。制圧しようとすれば間違いなく論破され、他者と協力できて決定力のあるリーダーこそが、彼らの生産性や持続性をサポートできるでしょう。彼らが支持するのは縦社会ではなく、フラットに近い関係。

また、彼らは自分たちのアイデアなどに価値を見出して欲しいとしながらも、継続的なフィードバックや価値あるキャリアアドバイスを積極的に求めてくるのです。 

03.
我慢するくらいなら会社を辞める

ミレニアル世代にとって、価値に合わせた労働文化は最も重要なこと。「Bentley University」の研究によると、ミレニアル世代の95%が会社の論理が重要な要因だとしていて、4分の1に近い人が、雇用者の方針に注意を払っているとのことです。

彼らは社会的、文化的な変化に順応できることに誇りを持っています。そして、それを会社側にもしてもらいたいと期待しているのです。

もし会社が社会的にポジティブなインパクトをもたらさない、もしくはそれ以下であれば、かつては「我慢する」がおそらく答えだったと思いますが、彼らはその逆。「会社を辞めることもいとわない」という選択を取ります。

04.
 注文が多いだけじゃない
仕事は時間外でもやる

ミレニアル世代はどのようにしていつ働くかを、決めつけられるのが好きではありません。彼らが一番の心配事としてあげるのは、医療保険よりも柔軟性。実際、ミレニアル世代の45%がより良い柔軟性と引き換えなら、「大幅に給料をカットされてもいい」としています。

これは大部分の人が、柔軟性がある環境のほうが生産性を高められると考えているからです。さらに、Bentley Universityが行った研究によれば、ほとんどのミレニアル世代は時間外でも(遠隔での業務も含め)メールチェックをするということです。

全体的にミレニアル世代は変化や、自分のことを聞いてもらうことを望んでいますが、それは生産性を高めるためであって、芯があるように見えます。

ミレニアル世代のユニークな仕事への考え方は、これから私たちの働き方をどんどん変えていきそうです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
韓国自動車王手の「ヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)」が、高級車ブランドである「ジェネシス」の中国上陸に際してCMを公開。3000台のドローンを用いたSFのよう...
あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBM...
『ミレニアル世代』と実際に向き合ってみると、様々な想いや言葉を持っていたんです。それがとっても印象的なものが多い。彼らを理解できたら、もっと楽しくなるんじ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
20代の採用をトータルにサポートする会社「学情」のアンケート調査によると「UIターンや地方での転職を希望する人」は65.8%で、今年5月から29.7ポイン...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「これまでの人生を振り返ったとき、ムダを費やしたことは一切なかった。効率的な事ばかりしてきた」なんて人はいないでしょう。高田晋一さんの著書『自己啓発の名著...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...