ダメダメ生活を抜け出して、成功を掴んだライターが明かす「5つの秘訣」

「本当になりたい自分」のビジョンを心のどこかに描いている人もいるのではないだろうか。そしてそれは、今の自分ではない。「そろそろ本腰を入れてやろう」と思いつつ、なかなか実行できずにいるとしたら、Dan Dowlingさんが書いた「Elite Daily」の記事を読んでみて欲しい。

仕事が続かなくて、2年前まで母親の家のソファで寝泊まりしていたというDowlingさん。今は、2014年にアメリカの「Magazeine of the year」にも輝いたFast Companyなどに寄稿するなど、自分の体験を元にミレニアル世代に向けた記事を書いている。「自分はまだまだこんなもんじゃない」とくすぶっている人は、彼から吸収できることがないか探してみては?

01.
朝に考えることが
未来へと影響していく

63129ca0aa122b228ce127c19a0cb38bab6b2d8a

何かを得ることができる考え方をするには、努力する必要があります。最も大事なのは、朝起きて最初にやることです。人生は酷いものだと嘆くか、まだまだ改善すべきチャンスがあるということに感謝するかはあなた次第。やらなければいけない事に憂鬱になったり、豊かにハッピーにしてくれることについて意気揚々とした気分にもなれます。

どんなにネガティブな考えも、ポジティブにできる面があります。だからこそ毎朝を、ネガティブな気持ちを排除して、素晴らしい人生を形作ることができるチャンスだと受け止めてみてください。それはあなたにしか出来ないことです。

ベッドから出る前に、あなたが感謝していることについて瞑想してみてください。自分が好きなこと、助けてもらった人、目指しているまだ遠いゴール、自らのチャレンジ、そしてそれを達成することについて。

02.
導くのはあなた自身
「ベスト」な自分を見つける

6e86228ab524591d29cf9497eca0478c67bb3eab

歴史上の素晴らしい指導者を思い出してみてください。例えばアメリカのバスケットボールチームを率いたPhil Jackson氏やPat Riley氏は、親交と優しさを持ってチームに接しました。最高の指導者は、選手が秘めている最高の部分を探すのです。

そしてあなたは自分自身の指導者です。成功できるように促しますか?それとも敗北に打ちひしがれますか?私は以前、自立できるほどのお金がないことについて、自分を責めていました。でもそうしたところで何も変わらなかったのです。ただ、自分のことを更に恥ずかしく思っただけでした。そして。他の人がどんどん成長していくのを見て、その度に更なる敗北感に襲われたのです。 

けれど、何が起こっても自分を励ますよう努めたら、成功するためのサポートを自分自身の中に見出すことができたのです(27年もかかりましたが、遅くても一生できないよりはいいのです)。自分自身をサポートしてあげてください。

ベッドから出たらすぐ、近くにある鏡を覗いて自分が目指す人のことについて、達成できると思う目標について、どのように自分を励ましていくかについて、コメントしてみてください。そして、ネガティブな考えが頭に浮かんだ時、朝に唱えた言葉を思い出し、自分自身を支えてあげるのです。

03.
メールやSNSより
本当にやるべき事に時間を

時間の管理ができるようになるまで、ライターとしてのキャリアに変化は何もなかった。でも一年間、朝の時間をライティングに費やした後、(午後のメールやソーシャルメディアに費やす時間も厳しく制限した)作品を書き上げることができたのです。

朝8時から正午0時まで、積極的に活動しました。絶え間なく入ってくる情報は遮断して、集中できるようにしました。そうでなければ、あなたの夢なんか気にもしない他の誰かから支持されるような、生活を送ることになるでしょう。メールやSNSの通知が何かを前進させてくれることはないのです。実際にやることをやってください。

04.
毎日ゴールを決めて
確実に実行する

もし計画的に行動をしないのなら、達成したいことに対して反しているようなものです。このように考えてみてください:世界中には何十億というそれぞれ違う人間がいて、ソーシャルメディアやTV、広告やインターネット上で注目を集めたがっています。理想の人生を送るために、その人たちとどう戦っていきますか?もしビッグで面白くて、自分で自分を導いていけるような目標を描けないのなら、彼らと競うことはできません。

だから目標を立ててください。仕事や休息、フィットネスや趣味など、人生の利益になるためのことなら何でもいいのです。やりたいこと、やらなければいけないことを確実に実行していく癖をつけると、自分で思い描いた人生を過ごせるようになります。そうなれば成功は時間の問題なのです。

05.
日誌をつけて些細なことでも
意識レベルまでもっていく

C113be164e290b0467fb0660ecf64598300a5b11

人生はあなたの考え方を土台にして作られていきます。だからそれを変えていけば、人生を変えることに繋がるのです。日誌をつけることは、最善の方法です。

あなたが思うことは全て行動に影響していきます。意識的ではない、どんな些細なことでもです。だからこそ、潜在意識レベルで考えることが影響し、これがほとんどの人たちが思うように人生を過ごせていない原因となっているのです。けれど、自分の考えを一日の終わりに書き出せば、潜在意識の中にあることでも意識的にすることができるのです。そして、次の日に考えるべきことを、コントロールできるようになるのです。

毎晩、15〜30分の間、その日の出来事や感じたことを書き出してみて下さい。何があなたの妨げになっているかが見えるようになるでしょう。自分の考えを意識的なものにしていくことは、考えを変える上で自信に繋がります。よりよい明日を作るにはどうすればいいか、解決策を自然に思いつくようになるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
怠けていては、成功にたどり着けない。そんな根本的なことを思い出させてくれるのは、「Elite Daily」のこの記事。何をもって人生の成功とするかは色々な...
「成功」によって、大切なものを失ってしまう人がいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
ライターRachel Chapmanさんは、20代にターゲットを絞り、8つの抱負を提案しています。度を越えた難しいものはないので、ナマケモノ気質でも意外と...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
多くの人にとって「結婚」は、人生最大の出来事のひとつだと言えるかもしれません。人生にはさまざまな節目がありますが、結婚までの時間も本当にかけがえのないもの...
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...