2017年を「健康的な1年」にするための7つの方法

「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立てた目標通りダイエットに成功する人も、あまり多くはありませんよね。一体なぜでしょう?

そこで、「Elite Daily」のライター、Julian Hayes氏が提案する「2017年を健康的に過ごす方法」を紹介しましょう。

01.
「完璧」を
目指してはいけない

もしも毎食、地元の農家の直売所から買った食材だけを使って食事をすれば、それはパーフェクトにヘルシーな食生活と呼べるかもしれません。

でも「ヘルシーな食生活」と「健康的な生活」は必ずしもイコールではありません。無理に食事をヘルシーにしようとして他のことを我慢すると、不要なストレスがかかってしまいます。

食事で補えない分はフィットネスをするなど、理想の体型を崩さないようにしましょう。

02.
まずは
「アクション」を起こす

ただ待っているだけでは、何も変わりません。

とにかくアクションを起こすことが大切です。たとえばダイエットについても、痩せるための方法に詳しい人はたくさんいますが、実際に行動をして成功までしている人はあまり多くありません。

実際にアクションを起こすことで自分に自信がつき、次のアクションにつなげていくことができるのです。

03.
目標を持って
チャレンジは「段階的」に

「必要以上に炭水化物を摂らない」「ジャンクフードは食べない」「夜更かしはしない」など、人は目標を決めることで、そこに向かって努力をしていきます。逆に、はっきりとした目標がないと健康的な生活を送ることは難しいのです。

ただ、生活のすべてを一気に変えてしまうことはできません。好きなスポーツや趣味、深夜に見ているTV番組など、可能な範囲から少しづつ変えていくようにしてみるといいでしょう。

04.
本当に必要なことだけをやる

必要なこと、必要ではないことを見極め、効率的に実行していきましょう。

何事も、コツコツと続けなければ効果は持続しません。しかし、すべてのことをしっかりと続けるのはとても難しいものです。要領よく、本当に必要なことだけを継続していくようにしてみてください。

できないことはきっぱりと諦めることが、成功への近道なのです。

05.
助けを求めることを
躊躇しない

自分ひとりの力だけで健康的な生活を達成できる人はいません。

とくにダラダラと動画サイトを見て過ごしてしまったり、週に何回もジャンクフードを食べてしまうような人は注意が必要です。友人や家族があなたを正しい道へ導いてくれるでしょう。

またセミナーを受けに行くことで、あなたと同じ経験をした人たちと出会うことができます。彼らの助言はあなたにとってとても有意義なものになるでしょう。

人はひとりでいるよりも、誰かと協力したほうが、より目標に近づくことができるのです。

06.
時間を奪われるような人とは
付き合わない

健康的な生活を送るために弊害となる原因の半分は、自分自身にあります。しかし、残りの半分は他人が原因となるのです。

それは家族や友人、あるいは会社の同僚かも知れません。あなたがいま何気なく彼らと過ごしている時間は、本当に必要な時間でしょうか?本気で生活習慣を改善したいのであれば、そういった人々との関係を最小限にすることが必要です。

時間は私たちが持っている資源のなかでも最も貴重なものなのです。決して取り戻すことはできないのです。

07.
言い訳をしない

「遺伝のせい」「痩せにくい体質」「忙しい」

これらはダイエットに失敗する人たちがよく使う言い訳です。すべてを自分以外の誰かのせいにして諦めるのはとても簡単なことです。

一番重要なことは、あなたが自分自身の健康に対して責任を持つことです。あなたの人生を決めることができるのは、他ならぬあなた自身だけなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
新年になったからといって、いきなり真新しい自分になれるわけではありません。でも、何か目標を持つことで、自然と能動的な気持ちなれるはず。そして、毎日の少しづ...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
この時期は、健康を意識して運動やダイエットなどを目標にする人が多いですが、実際にその目標を達成できるのは、わずか8%だと言われています。そこで、アメリカの...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「新年の抱負」を立てるのは良いけれど、ほぼほぼ放棄してしまっている人、いませんか?どうやら統計的に言っても、新年に掲げた目標を守る人はほとんどいないという...
ダイエットや健康維持として、広く世に浸透した感のある糖質制限。けれど、思ったより痩せない、体調を崩した、なんて声もよく聞きます。間違った知識で始めるのが良...
きっと、多くの人が毎年立てているであろう新年の目標。「今年こそ!」とは思っていても、なかなか達成できることは少ないものです。そんなあなたへ。「Inc.」に...
怠けていては、成功にたどり着けない。そんな根本的なことを思い出させてくれるのは、「Elite Daily」のこの記事。何をもって人生の成功とするかは色々な...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...