ドアのない喫煙ブース「QleanAir」がスゴイ!

愛煙家には肩身のせまいこのご時世。2020年4月1日「健康増進法の一部を改正する法律」が全面施行されれば、いよいよ屋外だけでなく、屋内での喫煙もこれまで以上に分煙・禁煙が進む。

マナーからルールへ――。

そうした時勢のなか、革新的なソリューションに出会ってしまった。「QleanAirのSFシリーズ」。望まない受動喫煙を防止し、喫煙者のニーズも適える最適解がとにかくすごい!

喫煙スペースに扉がない……だと!?

©クリーンエア・スカンジナビア株式会社

最初、我が目を疑った。

喫煙ブースだというのに扉がないのだから。おまけに透明の窓には直径2センチほどの穴が無数に空いている。

「正気か?臭いが外にダダ漏れじゃないか」

ところが……しないのである。たばこの臭いが。喫煙者だから感じないんじゃない。扉もなく穴だらけでも、とにかく無臭。喫煙ブースに近づけば、総じてたばこの臭いが流れてくるものだが、それがないなんて。

狐につままれた気分のまま、ブースのなかへ。たばこをくゆらす先客が1名。頭の高さに標的を模した表示シールがあった。

「煙はこちらに向かってはいてください。」

なるほど、ここを狙うわけか。早速たばこに火をつけ標的に向かって吐くと、的に当たった煙が横へと伝ってす〜っと裏側に消えていった。どうやら煙はキャビン天井部分からも裏側へと吸い込まれていくようだ。

半信半疑のまま、キャビン外の家族に聞いてみた。

「たばこの臭いする?」
「全然、におわない。」

非喫煙者でさえ感じない、たばこの臭い。ヤニで曇ることもないパネルに「QeanAir Scandinavia」の誇らしげな文字が頭から離れなかった。

非喫煙者が開発を担当

ググればすぐに出てきた「QleanAir Scandinavia」は、スウェーデン創業のメーカーらしい。件の「分煙キャビン」は臭いだけでなく、たばこ由来のガス状成分もほぼ100%除去する、次世代の分煙ソリューションマシンのようだ。

ユニークなのは開発者が非喫煙者であるという点。そして、このモットー。

「分けるべきはたばこの煙であって、人ではない」

喫煙にまつわる諸問題を非喫煙者の立場にたって考えるのではなく、たばこを吸わない人が実際に開発に携わり、喫煙者との共存を目指すことで、受動喫煙をなくしていこうというアイデアらしい。

たばこ煙を素早く集めて、浄化する

©クリーンエア・スカンジナビア株式会社

「分煙キャビン」のからくりはこう。

「QleanAir Scandinavia」独自のフィルターでたばこの煙が拡散する前に素早く一気に捕集。吐き出した煙だけでなく、立ち上る副流煙さえもフィルター方向へと高速気流をつくることで、広げずに吸い込んでしまう。

お次はたばこ煙のガスの濾過だ。

たばこ煙を浄化するには、最小の粒子成分まで確実に取り除くことが不可欠。「QleanAirのSFシリーズ」は粒子フィルターと特殊ガスフィルターのダブルフィルターで、粉塵の99.99966%を捕集。ほぼ100%空気を浄化し、キャビンの外へと排出している。

つまりは、喫煙のための“キャビン”でありながら、“空気清浄機”としての機能も備えている。なるほど、キャビンから臭い漏れがしないのはこのためか。

密閉された個室でなくても、外部とオープンな空間を共有できる。はたして誰が想像できたろう。2人用から8人用まで幅広い製品は、すでにヨーロッパを中心に世界15か国、およそ5500台が設置されているという。

日本でも、僕が訪れた「渋谷エクセルホテル東急」、「赤坂Bizタワー」、「BLUE NOTE TOKYO」、「ウルフギャング・ステーキハウス」など、企業だけでなくホテルや飲食店、娯楽施設への導入が始まっている。

たばこを吸う人も吸わない人も、どちらもストレスなく共存できるとしたら……このアイデアの他に何があるんだろう。

関連する記事

6月1日、「喫煙のあり方をイノベーションする」をコンセプトに掲げた新しいカタチの喫煙所「THE TOBACCO(ザ・タバコ)」がグランドオープン。
たばこと塩の博物館にて「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展開催中。2020年2月16日まで。
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
「Google」は、2020年のGoogle検索ランキングを発表した。調査対象期間は2020年1月1日~11月22日。
4月19日から、オーストラリアとニュージランド間を隔離措置なしで自由に移動できるようになると、ニュージランドのJacinda Ardern首相が発表した。
「ナショナルジオグラフィック」が同社サイトを通じて、2020年を54枚の写真で振り返るという企画を実施。通常このような企画はおこなわないという同社だが、2...
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。
在宅時間が延び「防音」に対する問い合わせが増えたことを受け、防音一筋40年の東京防音株式会社が、机に置くだけで完成する防音ブース「Okudake」を発売。...
今年、創業50周年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。2020年、さらなる飛躍を狙うドムドムの次なる一手とは?
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
米国発のスニーカー再販サイト「GOAT」が、「2020年でもっとも売れたスニーカー」を発表した。昨年話題になったスニーカーがずらりと名を連ねたランキングは...
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
「集中して仕事の効率を高めたい」という要望に応えるキャスター付きの個室ブースが誕生。室内の静かな場所を求めて、適宜移動できる集中ブースだ。昨今のテレワーク...
規模、装備、予算。アメリカ海軍と言えば、世界最大の海軍であり、その戦闘力は推して知るべし。だが、そんな強大な米海軍を長年悩ませてきた“天敵”がいる。それは...
アメリカ発の大手モバイル決済サービス「Square」が、アメリカ国内でのモバイル決済のデーターをもとに算出した「2020年のトレンド予測」を発表。その内容とは?
集中力の妨げになるものを完全シャットアウトできるダンボールの「セルフブース」が登場。圧迫感の少ないサイズ感とデザインなのでリビンクにも置けそう!

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...