砂時計のように「ただ眺めていたくなる」灰皿。

喫煙者ではないので、今まで一度も灰皿に興味を持ったことがなかったのですが、この灰皿のデザインは素直にカッコイイ!と思いました。愛煙家はもちろん、喫煙にいい印象をもっていない人にも、一度この灰皿を「モノ」として見てみてほしいんです。

「灰を楽しむ」という
新しい発想

耐熱ガラスとステンレスを組み合わせたBP.の「ASH-GLASS」。砂時計がモチーフになっていて、灰が"降り積もっていく"過程が楽しめるっていうニクい演出。しかもこれ、下の写真からも分かるように、吸殻は外から見えない部分に溜まるので、ほんとに灰だけを鑑賞できるようになっているんですよね。

フタ付きなので、煙や匂いが気になりづらかったり、吸い殻がたまるまで掃除がいらないっていう利点も。風の影響を受けないから、屋外用の灰皿にしてもいいみたいです。

難点はやっぱり喫煙の回数が増えてしまいそうなところですかね...。それにしても、インテリアのオブジェ的な感覚で欲しくなっちゃう灰皿って、なかなか他にはない気がします。

Licensed material used with permission by BP.
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
砂時計の要領でポタポタ……。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
お気に入りの「マイアイテム」をアップデートしてみませんか?ストロー・綿棒・醤油など、みんなとは被らない自分だけの「マイアイテム」を探してみよう!
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
砂時計のような形をしたランプ「The Time Machine Table Lamp」が、寝る前や読書のお供としてちょうどいい!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
バレンタインのギフト候補に、「BOTCHAN」のメンズコスメをリストイン!
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
バレンタインのギフト候補に、「BAM」の蝶ネクタイをリストイン!
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
富士五湖のひとつ山中湖畔の高台にある「ホテルマウント富士」は、毎年恒例の企画「富士山が見えなかったら、無料宿泊券をプレゼント」の実施を発表した。
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...