世界一のシガレットケース。

あんまり思い出の品とか、大切にするタイプじゃないんです。

専門の洋服も、どちらかというと新鮮味のあるデザインや機能に惹かれます。ヴィンテージもいいけど、新しいものを取り入れていくほうが自分のスタイルに近い。

そんな僕が25年以上変わらずに使っているのが、このシガレットケースです。毎日バッグやポケットに入れて持ち歩いているので、見ての通りボッコボコ。

もともと友人からのプレゼントだから愛着もあるんだけど、じつはこれを使い続けている最大の理由は利便性です。

タバコ一箱とライターが入るサイズ。ブリキだからバッグの中でタバコが折れたりしない。傷が入っても味になるし、凹んでしまっても叩いて自分で直せる…。

つまり、シガレットケースに求める機能や性能は、このシンプルなブリキのケースが全部備えているというわけです。

もしも、もしも、ですよ。これ以上に僕が使いやすいって思えるような、そんなシガレットケースがあったら潔く買い替えますよ。

でも、きっと、そんなものないだろうな〜。

これが世界一のシガレットケースです。

鳥羽祟之/「タテイスカンナ」店主
代々木上原駅から徒歩2、3分。国内のユニークなブランドから、海外のメゾンブランドまでを揃えるアパレルショップ。いろいろありますが、今のオススメは藍染アイテム。もうすぐ近所に藍染めの工房もオープンさせる予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。