人が自然と集まってくる。しあわせなうさぎのペンケース。

この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。

今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。

買ってからは、毎日かばんの中に入れています。

色とか、表情とか、リラックスした雰囲気とか。わたしの性格を、この子が体現しているようです。

何かのキャラクターを模したものらしいのですが、わたしはよく知らないので「神さま」と呼んでいます。

ダンスの稽古でスタジオに入るときに、隅っこに立てかけて置いておくと、守られているような感覚になるんです。

作品づくりを見守る神さまなんですね。

それから、この子は、ちょっとした嬉しい気分を運んできてくれるんです。

たとえば、ちょっとカフェのテーブルに置いたりすると、隣に座った人から「これ、何?」と話しかけられて会話が生まれたり、スタジオで教えている子どもたちも、この子を勝手に「監督」と呼んで、遊んでいたり。

こんなふうに、自然と人が集まってきて愛されてしまうんです。

みんな、これがペンケースだって気がつかないみたいですね。ぬいぐるみとして見られて、わたしだったら持ち歩いてそうって思われるのかもしれません。

もうずっと使っているので、くったりしてきていますけれど、洗ったらカサカサするだろうなっていうのがわかるので、洗いたくないんです。

眠るときに使うタオルケットみたいなものです。わたしの一部のように馴染んでいるので、きれいになってほしくないんですね。

この子は頑丈なんで、これからもずっと使っていきますよ。

KaoRi/舞踏家、モデル
現在、演出・振付・指導を中心に舞踊家、モデルとして活動。写真家・荒木経惟のミューズとしても知られる。http://microcosmos-shimokitazawa.blogspot.jp/
Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。