定番のメモとペンだけど、これは「ちょっとみんなと違う」。

やっぱり文具は定番品がいい。

長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。

僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO.13」と〈ぺんてる〉のサインペン。

〈ロディア〉の「No.13」は、今から2年前にブランド生誕80周年を記念して、オレンジ、ブラックに続いてラインナップされたホワイトバージョン。ロゴもシルバーで、無色プレーンな感じがApple製品とのマッチングも抜群だ。

この白いロディアと合わせて持つために「白で、シンプルで、書きやすい」ペンをずっと探し求めていた。ネットも文具店もくまなく探し、そいつは意外なところから見つかった。

郵便局の売店、ポスタルグッズを取り扱うブースの隅で。

はがきサインペンという名前で売られているぺんてるペンは、郵便局別注の「POSTA COLLECT ぺんてる(Whiteバージョン)」ということになる。まさか郵便局にこんなお宝が眠っているとは。

だれもが使う定番品、だけどちょっとみんなと違う定番品。

そんな観点でモノを探すのがとても楽しい。

ハイロック/メディアクリエイター
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしての活動中。身近な友人たちに「ねえねえ、これ知ってる?」と話しているようなことを少しきれいに整えて発信する情報メディア「HIVISION」が人気!

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
世界中の人々の心をとらえ、14カ国で翻訳されたドイツのベストセラー絵本『100年の旅』の邦訳版が、先週2月19日から全国の書店、オンライン書店(一部除く)...
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があ...
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
どんなに高級なボールペンでもインキが出にくくなることがありますが、この「ダウンフォース」はちょっと違います。書き出しからスッとインキが出るし、ペンを上向き...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっ...
PCには便利なテキストエディタもあり、キーボードではなく、ペンをもって文字を書く機会が減ってしまったという人も多いでしょう。ここで紹介するのは、紙に字を書...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...