このスマホケース、裏に何度もメモできる!

「wemo Ⅱ」は一見するとただのスマホケース。だけど、このケースはボールペンでメモを書いて、消しゴムでけして……とホワイトボードのように使えるんです。

メモの仕方は人それぞれ。ペーパー派の人もいるだろうし、スマホやPCにすべて打ち込むって人もいるでしょう。でも、常に手元にあるスマホの表面にメモがあれば、絶対に忘れることはないはず!

デジタル機器のアクセサリーでありながら、アナログっていうおもしろみもあります。

ちなみにコレ、日本製品です。

Top image: © 2018 kenma Inc.
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
サプライズで指輪を渡してプロポーズ!そんなときに活躍するのがこのスマホリングケース。リングケースとスマホケースを一体にすることで、指輪と彼女、両方を一度に...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
これは模様ではない。傷だ。
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
〈ROOT CO.〉の「Shock Resist Case Pro.」は、アメリカの耐衝撃テスト(122cmの高さから26方向の製品落下試験)をクリアする...