紙を必要としないペン「Phree」なら、あらゆる場所でメモが取れる

どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるので、まずはそこから10秒だけ見てほしい。

なんとテーブルに向かってペンを走らせると、その内容がリアルタイムでスマホに反映されている。そう、これは

「世界を紙にするペン」だ

この「Phree」の先端には小さなレーザーセンサーが搭載されており、ペン先の動きをトラッキングする仕組み。Bluetoothで接続することで、iPhoneやタブレット、PCの画面に表示させることができるのだ。

ソファや手の甲でもOK

テーブルでなくとも、ペンが走るならどこだってイイ。紙を必要とせず、場所だって選ばないからこそ、ふと耳にしたちょっとした情報や思い浮かんだアイデアをすぐに書き留めることができる。特別変わった形状でなく、普通のペンのように握りやすいのも特徴だろう。

価格は現時点で198ドル(約2万円)プラス送料。購入はこちら

シチュエーションの制約を受けない「Phree」なら、あなたの身の周りのすべてが紙になる。個人的には、街中を歩いてアイデアを探すようなクリエイターや、外で電話を受けることが多い営業マンにオススメしたい。

Licensed material used with permission by OTM Technologies
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があ...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっ...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
考えてみれば、仕事と同じくプライベートでもメモは必要で、なんとなくそれ専用のツールって持ってなかった。
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
Olivia Kempは、現実にある場所に少しだけ想像を加えた街並みを描くアーティスト。遠目から見ると美しい風景は、0.5mmのペンで描写したちょっとした...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
タッチ機能のないスクリーンを、文字や絵の書き込みが可能なタッチ式に簡単に変身させてしまう次世代アイテム「Go Touch」。経済的にも負担が少なく、場所を...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
PCには便利なテキストエディタもあり、キーボードではなく、ペンをもって文字を書く機会が減ってしまったという人も多いでしょう。ここで紹介するのは、紙に字を書...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...