茶筒みたいな「ペンケース」。

紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。

贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があります。

デスク上で使うために購入したんですが、意外とバッグの中に入れて持ち出すのもアリです。キャンバス地のケースみたいに行方不明になることもなく、取り出しやすい。アウトドア用のバックパックなら、サイドについてるペットボトルを入れるポケットに収めておくのもいいかも。

もちろん、見た目そのままに茶筒にしてもOK。

そもそもなんですが、ケースとかボックスとか収納系のモノはすべからく、“一応◯◯用とはなっているけれど、どう使うかは使う人次第”だと思っています。今のところ、優等生的にペンケースにしていますが、何年か経った時にまったく別の物を入れている可能性も。

公式オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
〈PENCO〉の「Squeeze Case」。子どもたちに人気のスクイーズと同じく、思わず握ってしまうラバーの感触が楽しいペンケース。どこか海外製品のよう...
Amazonで飛ぶように売れている、萩原季実子先生の『誰でも一瞬で字が上手くなる大人のペン字練習帳』は、外出を控えざる得ないこの時期に、自宅で字の練習がし...
どんなに高級なボールペンでもインキが出にくくなることがありますが、この「ダウンフォース」はちょっと違います。書き出しからスッとインキが出るし、ペンを上向き...
Olivia Kempは、現実にある場所に少しだけ想像を加えた街並みを描くアーティスト。遠目から見ると美しい風景は、0.5mmのペンで描写したちょっとした...
紙加工会社による紙製トートバッグ「SHIDUKU-紙作-」は、クラフト感がお洒落な紙と布のハイブリッドバッグ。見た目にはわからないけど、環境問題に関心を持...
年に何度か視察を兼ねてアメリカへ。向こうに滞在中は、1日に何店舗もまわって、とにかく食べる、食べる(笑)。そんな僕の旅の必需品が、整腸剤とこの洗剤です。正...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっ...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
1月6日、バーガーキングが20年ぶりとなるリブランディングを実施。ロゴを皮切りにパッケージやオリジナル商品、制服などがその対象となっているようだ。
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
「パナソニック」と京都の手作り茶筒の老舗が「最新技術」と「伝統工芸」を結集させて作った「茶筒スピーカー」が最高にクールと話題。“五感や記憶に響く体験価値”...
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...