好きな色をスキャンして使えるペン「Scribble」

このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。

身の周りにあるモノから
“色”をスキャンして使える

使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっと押すだけ。

スグに使えます。

「Scribble」に備わっているのは、RGBセンサーとインクカートリッジ。あらゆるモノの色彩を読み取って、プリンターと同じくして色を調合できる仕組み。Blootoothでタブレットなどと連携すれば、色データの記録や編集ができます。

USBで充電でき、最大7時間稼働。WEBサイトによれば、ペン先のサイズを3種類切り替えられるので多彩な表現が可能。

インクがなくなれば、交換用のカートリッジ(10ドル未満になる予定)を購入する必要があるため、ちょっと手間にも思えます。が、デイリー・メール紙によれば、再現できるカラーは16,000色。

紙用のペンは399ドル(約46,000円)、デバイス用のインクが必要ないスタイラスペンは199ドル(約23,000円)で事前予約できます。以下の動画には、洋服や化粧品から色を取り込んでいるシーンも。一度試してみたいですね。

Reference:Daily Mail
Licensed material used with permission by Scribble
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があ...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
Amazonで飛ぶように売れている、萩原季実子先生の『誰でも一瞬で字が上手くなる大人のペン字練習帳』は、外出を控えざる得ないこの時期に、自宅で字の練習がし...
7月31日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Walking Pad S1」は、折りたたみ式のウォーキン...
スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメと...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
Olivia Kempは、現実にある場所に少しだけ想像を加えた街並みを描くアーティスト。遠目から見ると美しい風景は、0.5mmのペンで描写したちょっとした...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上...