1本で多彩な色を表現できる「カメレオンペン」の実力

僕は、絵を描くのが苦手。小学生の頃から美術の時間がイヤだったし、評価もそれはそれは悲しいもの。まあ、それほど気にしていたわけじゃないんだけど、「もう少し上手かったらな〜」と、自分の絵心の無さを恨めしく思っていた記憶があります。

で、子どもながらに気づいた法則が、「色のグラデーション」をつければ、“それっぽく”見えるというもの。だから、“母体”はもう諦めて、色塗りにすべてを注いでいたんです。もちろん、それだけではカバーし切れないのですが、なんとなく誤魔化しがきいていました。

さて、そんな当時の僕に、ぜひともプレゼントしてあげたいペンがこちら。必死に頑張らなくても、普通に使用するだけで、綺麗なグラデーションがうまれるそうな。

見よ、この簡単グラデーション!

この不思議なペンの正体は「カメレオンペン」。ただ塗っているだけなのに、自然と色の濃淡が生まれているのがわかります。 

シンプルに仕組みを説明するとこう。

使用するのは、通常のペンと色を吸う特殊なペンの2種類。後者を前者に刺し、一時的に色素を抜き取ります。だから、吸われたては色が薄くなり、もとのインクの状態に戻るにつれて濃くなっていくというわけ。

「吸収時間」によって、濃淡が変化

だから、どれだけ色素を抜き取るかで濃淡が変化。たった1本で色々なバリエーションが生まれることに。

カラバリは全50色で、購入はこちら。ここ数年でよく耳にするようになった大人の塗り絵から、子どもの落書きまで、幅広い世代で話題になりそうですね。

Licensed material used with permission by Chameleon Art Products Limited
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...
数年前、全500色の「色えんぴつ」が発売され(25本ずつ20ヶ月で完成)て話題となった。が、こちらはじつにその3万2,000倍。およそ1,600万色以上を...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。