フェラーリを手がけたデザイン会社による「ペン」の秘密

イタリアの「Forever Pininfarina Cambiano」は、永遠に書くことができるインクレスペン。「永遠」の響きだけで、かなり興味がそそられます。

一本持てばきっと周りに自慢したくなる、素敵なライティングツールを紹介。

鉛筆のような書き心地の
インクレスペン

Forever Pininfarina Cambiano」は、芯となる部分に「イサーグラフ(Ethergraf)」という合金製のチップが使われています。

このチップが紙との摩擦で酸化し、筆跡が残るという仕組みになっています。使い心地は鉛筆に似ているようで、筆圧によって濃くなったり薄くなったり、書く紙によっても微妙にタッチが変わるのだそう。

ペン先にわずかな消耗はあるものの、100年書き続けることができる、と言われています。

このアイテム、実はレオナルド・ダ・ヴィンチにインスパイアされて生まれたんだとか。

彼は当時、シルバーのスタイラスペン(インクを使わず、紙に押し当てて書く筆記用具)を、アイデアを書き起こすのに使っていたそうです。

フェラーリを手がけた
Pininfarinaがデザイン

Forever Pininfarina Cambiano」は、デザインにもこだわりが。

フェラーリ、アルファ・ロメオ、ロールスロイス、マセラッティなど、名だたる自動車のデザインで知られる「ピニンファリーナ(Pininfarina)」によるものです。

洗練されたデザインと素晴らしい機能性を持つこのライティングツール。価格は一本89ユーロ(約1万1千円)です。

「これ一生使えるんだよね」と話のネタにもなる逸品、贈り物や自分へのプレゼントにいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Forever Pininfarina Cambiano
「ゼブラ」は、商品開発という社会体験の機会を学生に提供することと、筆記具のメインユーザーである現役学生の声を知るためにおこなっている「トキワ松学園」の高校...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。〈エンリーベグリン〉のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
「Help Refugees」というNPOが運営している「Choose Love」は、難民へのプレゼントを購入できるオンラインストアだ。12月24日までは...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
どれだけ画期的であるかは、以下の映像をチェックすればよくわかる。とはいえ、3分近い動画を丸々見る必要はない。最適な場面からスタートするように設定してあるの...
このペンさえ一本持っていれば、あらゆる色が使える。まるで未来の道具のようですが、現実にあるアイテムです。使い方は、ペン尻を対象物に近づけて、ボタンをポチっ...
「MONTBLANC(モンブラン)」は、アンディ・ウォーホルやマイルス・デイビス、あるいはジョン・F・ケネディといった各界のレジェンドたちをイメージした筆...
この子は、うさぎのペンケースです。台湾からやってきたんですよ。今から2年ほど前、台湾旅行へ行った時に、夜市で買ったんです。買ってからは、毎日かばんの中に入...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
紙と紙にまつわるプロダクトをコンセプトに掲げる〈PAPIER LABO.〉のペンケース。贅沢にも完全ハンドメイドだそうで、それゆえ実物はとっても雰囲気があ...