「手持ちぶさたを解消」させるこのキューブに出資14万人、6億円突破!

Kickstarterに登場する商品は、とにかく幅が広い。なかには「これ誰が欲しがるの?」と思えるハテナグッズまで登場するのもクラウドファウンディングならではの魅力。刺さる人にのみ刺されば、商品化は夢でない。

それで言えば、これはまさしくハテナなジャンル。開発メーカーAntsy Labの本気か冗談か分からないような情熱から生み出されたプロダクトに、まさかこんな出資が集まるなんて。

「これ、イイ!」共感を集めて
14万人、総額6億円超

とにもかくにも、クラウドファウンディングで大成功を収めたこの「Fidget Cube」、日本円にして1つ約1,980円という代物。いったい、コレはなんだ?

ひと言で表現するならばこう、手もちぶさた解消グッズ

たとえば、会議や授業の場で四六時中器用にペン回しを続ける、緩衝材を際限なくプチプチできる、キーリングに指をかけてくるくる回す…。指先が何かしていないと不安な人がいる。端から見れば、落ち着きなく思えてしまうこうした行動も、彼らからすれば、何かに集中するための施策のひとつなんだとか。

つまり、このキューブはペンやプチプチやキーリングに代わって、手もちぶさたを解消し、集中力UPにつながるツールが6面に内蔵されたアイテム。

ただそれだけ。テクノロジーも自然環境へのやさしさを感じさせるわけでもない、Fidget Cubeだが、発売前から6億円を超える出資が集まる大ヒットとなっている。現に「こういうの待っていた!」の声は数知れず。刺さる人たちはグサッときたわけだ。

単純機能が6つ、どれも
かゆいところに手が届く!

扱いやすくて単純な機能、こういうものはシンプルさこそ重要なのかもしれない。クリックしたり、スイッチ押したり、プチプチして、ジョグダイアルを回す。かゆいところに手が届く6つの機能については、あとから詳しく動画でゆっくりチェックすればいいとして、最後にFidget Cube開発にいたる小ネタをひとつ。

開発者のひとりMark McLachian氏は、自らも何かを手にしていないとそわそわが止まらない中毒者だと動画の中で語っている。手にさえできればどんなものでも良かった、と。緩衝材を指でつぶして、つぶして、つぶして…何ひとつ満たされぬ日々。

という内容の動画を信じてはいけない。なぜなら前半のMarkの回想シーンはすべて“らしく”作られただけのジョークだから。けれど、デスクワーク時の集中力をUPさせたり、ストレス解消の一役にという部分だけは、どうやら本気で向き合ったプロダクトらしい。その証拠に、後半ではこんな主張を。

それが学生だろうが企業のCEOだろうが、誰のどんなデスクにおいても同じように機能する。それがボクらのデザインにとって最も重要なことだったんだ」といった具合に。

ここまで引っ張っておいてなんですが、百聞は一見にしかず。この動画がすべて言いたいことを伝えていますよ。指先がそわそわしてきた人は、こちらから。輸送費を入れても38ドル(約3,900円)なら、考えられなくもない?

Licensed material used with permission by Antsy Labs
他の記事を見る
重厚感あるアルミニウムと真鍮のピンで構成された40ミリの立方体。「Infinity Cube」は、手のひらでパタパタと形を変える手持ちぶさた解消ツールです...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ストレスを軽減するための6つの方法を紹介。どれも、科学的に証明されているものばかりなので、実践する価値アリです。ガムを噛む、眉と眉の間をマッサージするなど...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
クラウドファンディングでニュージランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのはビーサン。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達し...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
会議中や授業中にストレスを感じたり、ちょっと退屈していたり。そんなときにこのペンを使うと、集中して作業を続けることができると開発者はいう。ところが、正直言...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...