トルコ共和国大使館が「ストレスを緩和するオリジナル癒し動画」をYouTube配信

トルコ共和国大使館・文化広報参事官室は、新型コロナウイルスの影響により世界中の人々が渡航禁止や外出自粛を余儀なくされるなか、トルコ各地の海や空など“ブルー” を基調としたさまざまなシーンをまとめた癒し動画「ターキッシュ・テラピー(Turkish Therapy)」をYouTubeで公開した。

人々のストレス緩和を目的とし、また、この苦難の時期を少しでも明るくポジティブな気分で過ごせるようにとの願いが込められている。

このテラピー動画に映っているのは、地中海、エーゲ海、マルマラ海、黒海に接するトルコ各地の美しい海と空

すべての“色”は独特のエネルギーを発し、それぞれ異なる意味を持つといわれており、専門家の研究によると、トルコを象徴する青色は“冷静さ”“穏やかさ”“忠誠心”“自由”“信頼” を表すだけでなく、色彩心理学的な観点からも副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらすことがわかっているそうだ。

BGMは、世界的に有名なトルコの作曲家にしてネイ(トルコの伝統的な笛)奏者、メルジャン・デデ氏がこの動画のために手掛けたもので、人の脳波に癒しの効果をもたらすとされる432Hzの周波数が採用されているのだとか。

「ターキッシュ・テラピー」を通して、自宅にいながら自然と歴史が融合するトルコへトリップしてみては?

© トルコ共和国大使館・文化広報参事官室/YouTube

ターキッシュ・テラピー(Turkish Therapy)

【特設サイト】https://www.liveturkey.com/ 

Top image: © 2020 トルコ共和国大使館・文化広報参事官室
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事