「乗り継ぎ6時間」はツラい?いえいえ、ターキッシュ エアラインズは違います

格安航空券にありがちな、何時間もの乗り継ぎ。

食事をしたりショッピングをしたりで多少は時間をつぶせるものの、空港の中でできることなんて限界がある。あの時間、ハッキリ言って苦痛です。

でも、ある条件を満たし、ここで紹介するサービスを利用すれば、6時間なんて楽勝!知らなかった……じゃ本気で損しますよ。

観光名所を巡る「市内ツアー」
しかも、無料!

©iStock.com/Seqoya

そのサービスが、2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」。長い乗り継ぎ時間を利用して、イスタンブールの名所を効率よく観光できる無料のツアーです。

内容は曜日や時間帯によってさまざまですが、毎回7ヶ所程度を回る充実っぷり。もちろん、ブルーモスクやアヤソフィアといった王道は多くの場合で含まれています。乗り継ぎ時間の過ごし方として、これ以上の有効活用はない!

イスタンブール到着便・出発便どちらもターキッシュ エアラインズを利用で、6時間以上24時間以内に乗り継ぎの客が対象。地味に手間のかかる事前予約が不要ってところも嬉しい。

こういうサービスを提供できるのは、徹底的な“ユーザー視点”があってこそ。かなり気が利いてて、航空会社を選ぶ際の決定打になりますね。

Top image: © Boris Stroujko/Shutterstock.com
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
ピザの原型「ラフマージュン」で飲むワイン。トルコ料理専門店にて。
旅行代理店「Kraken Travel」と北朝鮮やチャド共和国などへ行く珍しいツアーを企画する「Lupine Travel」がパートナーシップを組み誕生し...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
トルコ共和国大使館は、人々のストレス緩和を目的とし、また、この苦難の時期を少しでも明るくポジティブな気分で過ごせるようにとの願いを込めて、トルコ各地の海や...
旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...