旅行者がニューヨークで犯しがちな6つの過ち

どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。高く評価されているレストランも、じつは評判ほどではないなんてこともありますし。

Matador Network」のKate McNausさんが教えてくれるのは、ニューヨークを旅する上で心得ておきたい「6つの過ち」。予め知識を持って、準備を整えておくのも旅のオキテなのかもしれませんよ。

01.
観光スポットしか周らないこと

B9090be3ddfb8397763146e8b3fe12bb450a9e1e

タイムズスクエアのエルモに会うことや、エンパイア・ステート・ビルディングの頂上でセルフィーを撮ることは、もちろん欠かせません。ワン・ワールドトレードセンターも圧巻ですし、ブルックリン橋からの景色は息を呑むほど。ですが、このように観光客で溢れかえっているスポットに限定してしまうと、シティの隠れた魅力を見逃してしまうことに。

たとえばタイムズスクエアから2,3ブロック西に歩くと、9番街・10番街のリーズナブルでそこまで混み合っていないバーやレストラン、そしてカフェを発掘できるでしょう。

ビールとソーセージの気分ならHallo Berlinはお薦めですし、フレンドリーに接してくれるArianaでは伝統的なケバブが味わえます。都会の忙しさにちょっと疲れ気味、そろそろビーチが恋しいあなたには、南国を匂わすRéunionのハッピーアワースペシャルがお薦め。夕飯前はエスプレッソとワインがおいしいTartinaへ出向くのもよし。

それからあまり知られていないのが、セントラルパークの北側。110番街には夏はプール、冬はスケートリンクになるエリアが。そこから徒歩で向かえるのがMorningside Park、そして世界で最も大きい教会トップ5にランクインするSt. John the Divine Cathedral

郊外へ行きたいのなら、アストリア(クイーンズ)へ向かって、巷で有名なギリシャ料理屋さん、Aliadaでご飯。さらにはNYCの最古のビアガーデンBohemian Hallがあるのもここ。

歴史が好きならブルックリンの25番街のGreen-Wood Cemeteryへ行きましょう。ここは作曲家、レナード・バーンスタイン氏やアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキアをはじめとするたくさんの著名人が眠りについている場所。

どうしてもスタテンアイランドに行きたいと言うなら、よしとしましょう。Staten Island ferryには無料ですし、そこから見る南マンハッタンや自由の女神の景色は極め付け。ここはマイナーリーグチーム、スタテンアイランド・ヤンキースの地元でもあるため、ヤンキースタジアムの何分の1かの料金で野球の試合を見ることができますよ。

02.
地下鉄で時間通りに目的地につけると考えること

NYCのPublic Advocateによると、2015年の電車の遅延数は65,000本、2016年には75,000本にも及んだそう。とくに週末は「時刻表」などないと思っていいでしょう。目的地にたどり着けると安心していると「工事のため…」とアナウンスが流れ、最低でも25本の電車が方向転換、または運行停止になるのがニューヨークの週末あるある。

『Matador Network』がまとめたNYC transportation guide(NYC交通ガイド)に交通のススメがバッチリと記されているので、前もってチェックしておきましょう。

03.
人混みの中で立ち止まること

D4b787719765e0f2338591213ae52bfa66ace00e

観光客は、ニューヨーカーからしてみれば正直邪魔。

わかります。バケーション中だからショーウィンドウを何時間も眺めていられる余裕があることを。7番街のど真ん中でセルフィーを撮るときも、周りなんてお構いなしでしょう。ただ、少し横に寄ってくれると嬉しいだけなのです。でも観光客は、二人横に並んだまま急に立ち止まるものなんですよね。

ニューヨークとは忙しなく動き回る人間が集う場所です。彼らは10億の取引を成立させようとしているか、ハッピーアワー終了間際にEl Aztecaの$5のフローズンマルガリータを滑り込みで頼もうとしているのです。

それを考慮して欲しいだけなんです。

04.
ハッピーアワー以外の時間帯にお酒を飲むこと

マンハッタンでワインのグラスや一流のマティーニを飲もうと思ったら、軽く$13~$35ほどします。決して数字を間違えて打ち込んでいるわけではありません。

他の人が払うほどピノ・グリージョにお金を出したくないのなら(私も同じ)ハッピーアワーを有効活用することです。

いいハッピーアワーの見つけ方は、とにかく歩き回ること。通常お店の前には黒板が飾られていて、そこにその日のドリンクスペシャルが記されています。余談ですが、グランド・セントラル駅の横にあるTGIFが20時まで$4でワインを提供していると知ったときは、この上ない至福を感じました。

でも計画なしにホテルを出るのは少し不安、というあなたはwww.nyhappyhours.comを活用しましょう。このサイトでは、エリアと日時を指定するだけで、お得なドリンクメニューを提供している場所を洗い出してくれます。 もっと使いやすいのは、“Happy Hours”というアプリ(iOSのみ)。現在地を取得した上で、前述のサイトと同じようにお得な飲みの場をリストアップしてくれます。

05.
TKTSブースに頼ること

※TKTSブース(ブロードウェイのミュージカルチケット販売所)

Broadway Leagueによると、過去最高の興行収益を上げていたのは2015年〜2016年のシーズンだったそう。以前までは前もってチケットを全額で確保するか(値段はおおよそ$69~$199程度)TKTSブースに並んで当日券が手に入ることを祈る、2つの手段のみでしたよね。

ですが、TKTSは列が長く、ブロードウェイのセレクションの幅は狭く、席もそこまでよくなく、おまけに値引きもそこまで安価なものではありません。

そこでおすすめするのは、BroadwayBox.comPlaybill.comへのアクセス。このサイトでは前もって予約ができる上、席も指定でき、値引きはなんと半額に及ぶことも。もちろんどの公演にもディスカウントがついているわけではありませんが、選べる公演の範囲は広いです。

ここで秘密を教えましょう。何日か滞在を兼ねている場合は、ディスカウントコードを印刷し、直接ボックス・オフィスへ持って行くこと。そうすることでチケットマスターのサービス料を避けることができます。

もし公演や席にこだわりがないのなら、TodayTixのアプリもおすすめ。以前までは当日券か、長くても一週間以内の公演しか予約できなかったものの、最近は30日間以内のものであれば、予約可能となりました。席は選べませんが、エリア(1階席・2階正面席・張り出し席)は選べるので、とんでもない席でないことは保証されています。劇場の前に立つ赤いジャケットを着た方からチケットをもらうのは、なんだかいかがわしい気もしましたが、とくに問題もなく人気作の『ウィケッド』や『屋根の上のバイオリン弾き』を予算内で観ることができました。

06.
2時間以上並ぶこと

Ea3213115791a1865ca4918cce7a6efa3dfb4f27

こればかりは、あなた次第です。というのも、ニューヨーカーも列に並ぶのが大好きだから。自己嫌悪なのか知りませんが、私のアッパー・ウエスト・サイドの友達はとにかく並びたがります。72番街にあるトレーダージョーズの海苔スナックのためにも並びますし、日曜の朝にスクランブルエッグを食べるため、吹雪の中でも「Good Enough to Eat」の列に並んでいます。少し歩けばFrench Roastで並ばずおいしい食事ができるので、私はどうしても理解ができません。

ここで覚えておくべきことは、「並ぶ」という行為に時間をかけなくても、おいしいものは食べられる、ということ。方法は簡単。過大評価されているレストランと引き換えになるものをグーグルに聞けばいいのです。検索欄に打ち込むのは、“alternatives to 【過大評価されているレストランの名前】”。そうすれば何かしらヒットするはずです。それか、そのレストランの向かいに何かしらあるでしょう。ここはNYCです。1メーターも歩けば美味しいブランチレストランにぶつかります。

ただし、ここでしか食べられないフードになると判断もきわどくなってきます。たとえばクローナッツやラーメンバーガー、そして生のクッキー生地。Instagramのためにルヴァンのチョコチップクッキーを手に入れたいのなら、腹をくくって列に並ぶことです。

Licensed material used with permission by Kate McManus
あこがれの街。
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
やっぱり人間は誰でも間違いを犯すんだから、「許し」の習慣があったほうが良い。そんな内容の「The School of Life」の動画です。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...