「トゥクトゥク」の時代に、終わりが見えてきた。(東南アジア旅)

東南アジアに降り立って、トゥクトゥクに乗らないだって……?

シンガポールやインドネシアではもともと見かけなかったし、基本は安いからタクシー移動だけれど、タイやラオスで、あの無愛想で雑な「ヘイ!トゥクトゥク!」の呼び声を聞けなくなる未来が来るのかも。

そう思うと、窓がまっ茶になるほど汚れた空気や、けたたましいクラクション音が、無性に恋しくなった。

今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、『Uber』と並んで人気なライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれど、これほど急速に普及するとは……。

ライドシェアの勢いは
もう、誰にも止められない。

Googleが、12月12日に発表した報告書によると、東南アジアではいま、1日に600万人がライドシェアサービスを利用している。2015年に比べると、たった2年のうちにユーザー数は4倍に。

ちょうど2015年にタイとラオスに行ったけれど、たしかに流行しているようには思えなかった。この緑色が街にあふれていた覚えもない。いまいちピンとこなかったから、インスタで検索してみたら想像以上の投稿数。観光客・地元民問わず、本当に多くの人が使いこなしていた。

こんなふうにね。

Photo by @mariina0919

(このシュールさがいいよね、東南アジア)

クレジットカードを登録すればキャッシュレスで利用できるし、ぼったくられる心配もない。個人的には値切り交渉も楽しさのひとつだとは思うけれど、お金の取引にいちいち気を使って、旅をするのは疲れるという気持ちもわかる。

移動問題を抱えているからこそ、ライドシェアの急成長という流れはたしかに当然だ。

気づいたら、東南アジアは
世界3位のネット社会に

Googleの報告書におけるメイントピックは、実はライドシェアではなくて【東南アジアのインターネットユーザー】について。

2015年から7,000万人増加していて、気づけば世界で第3位の3億3,000万人規模。特にオンラインショッピングに費やされる時間が長く、アメリカと比較して2倍の時間が費やされている総合的にみると、東南アジアのユーザー数は、すでに米国の人口を超えていたってわけ!

貧困問題を抱えてきた国の経済が回って、新しいサービスが日に日に導入されることに感動する一方で、土埃を受けながらガタガタの道を走る、いつまでもアナログなトゥクトゥクも失われてほしくないな〜。

旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...
東南アジアを旅していると、国がどこであれ、たいていの場所で寺院と出会う。さほど有名でなくとも、せっかくだから参拝して行こう、なんて気になるものだ。しかし、...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
見ず知らずの人たちと同じ目的地、同じ方角に向かい、お得に相乗りできるライドシェア「UberPool」。移動手段のオプションとして、世界各地で相乗りサービス...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんに言わせてみれば、「姉妹との旅行」は結構効く模様。姉妹がいなければ「心を許せる人」と...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...