「Grab」を使ったら、東南アジアをもっと自由に旅できる!

忙しい日々を送っていると、たまの休みには旅行へ行って、異国感漂う街中を観光したり美味しいものを食べたりして楽しみたいですよね。そんな時、飛行機でたったの数時間で行ける東南アジアは、私たちにとって身近な存在。

一方で、現地の交通事情に不安を抱く日本人、実は少なくないのではないでしょうか?限られた時間をなるべく有意義に過ごしたいけれど、見慣れないトゥクトゥクは走っているし、乗ったところで料金システムは違うし……。

でも、配車アプリ「Grab」を使えば大丈夫です。

「ちゃんと乗れるかな?」
なんてもう、一昔前の悩み!

© iStock.com/itsskin

まず注目したいのは、使い方よりもアプリの利便性。簡単に言えば「Grab」は配車アプリ。これ、東南アジアという地域だからこその利用方法があるんです。

例えば、日本人にとってもポピュラーなバンコク。タクシーを呼ぶのはいいけれど、旅先でしかできない体験をしたいと思ったら、トゥクトゥクに乗りたいという人もいるでしょう。けれど、現地の相場やレートがわからないとぼったくられないか心配。

そこで「Grab」の出番です。乗車地と目的地を入力すれば、おおよその料金をはじき出すことができるので、大体の相場を知ることができます。降車時、例えドライバーから高い金額を提示されても、アプリを使って事前に調べた料金を見せてある程度“交渉”することが可能です。

タイ語が喋れなくても、アプリ上に表示された地図を指さしながらやり取りすれば、ドライバーとコミュニケーションを取ることもできます。(料金や地図を表示しても、予約ボタンを押さなければドライバーを呼ばずに済むのでご安心を!)

使い方はとってもカンタン

「Grab」の魅力をひと通り伝えたところで、使い方をさらっと。

まず、出発地と目的地を入力します。出発地は、ドライバーに見つけてもらいやすいよう、わかりやすい場所を指定するのがベター。その後、乗車したい車の種類が表示されるので選択。(種類によって値段は異なります)後は予約ボタン「Book」を押して待つだけ。すでに世界的に知られている某配車アプリと比べてもさほど変わりはありませんが、東南アジアと言えば「Grab」なんです。であれば、旅で訪れた時に使わない手はないですよね。

あっ、現地に着いたらSIMを入手するかモバイルWi-Fiを持っていくことをお忘れなく。そうすれば、公共のWi-Fiを使用できない場所でも難なく利用できますし、ピックアップ前のドライバーとスムーズなやりとりができるでしょう。

Reference: Grab
Top image: © iStock.com/Oleh_Slobodeniuk

関連する記事

今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。