驚くほど簡単にトゥクトゥクに乗れるアプリ

突然ですが、旅先での料金交渉についてどう思いますか?周りの意見を聞いてみると、「それこそ旅の醍醐味じゃん」と肯定的な見方をしている人もいれば、「面倒だからイヤ」と否定的な人も。

この「面倒」には、相手と上手くコミュニケーションを取れない不安だとか、さっさと支払を済ませて効率よく旅したいという思いが含まれている気がします。でもアプリが進化してきてからは、これらは過去の悩みとなりつつあると思うのです。

実際、カンボジアでは多くの人の間でこんなアプリが使われています。

メーター付きのトゥクトゥクが
お出迎え

今回紹介したいのは、カンボジアの配車アプリ「PassApp」。いろいろな配車アプリがあるけれど、これを使えばトゥクトゥクを呼ぶことができるからとっても便利。

通常、トゥクトゥクに乗る時はドライバーに行き先を伝えて料金を交渉しますよね。確かに、これを旅の醍醐味と呼ぶこともできるけれど、何度も乗るとなればそのやり取りに疲れてしまう人もいるでしょう……。代わりにタクシーを拾うにも、メーターをまわしてくれるドライバーをすぐ見つけられるとは限りません。

でも、「PassApp」の乗車料金はメーターを使って算出されます。同アプリで呼ぶトゥクトゥクにはメーターが付いているので、ぼったくられることなく安心して乗ることができるんです。

また、2人乗りや3人乗りなどトゥクトゥクの種類を選ぶことも可能。もちろんタクシーも。人数や旅の用途によって使い分けてみてください。

カンボジアには他にもトゥクトゥクを呼べる配車アプリはありますが、つい先日までプノンペンに滞在していた友人によると、「PassApp」は現地で比較的裕福な学生などの間で利用されることが多いそうです。

Top image: © iStock.com/Anastasiia Shavshyna
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。