「旅行代金のあと払い」ができるアプリが出た!

「旅行代金のあと払い」

学生と親との間でのみ成立していた便利なやり取り(理論上は社会人も可。でもそこは、ねっ)が、“負い目を感じることなく”大人でもできるようになりました。

しかも支払いを待ってくれるのは、親ではなく旅行代理店アプリ!先にお金を払わずとも旅行には行けてしまうわけです。懐が深すぎます。

支払いは2ヶ月後でOK
思い立ったらすぐトラベル!

こんなことを実現させてしまったのは、つい先日リリースされたばかりの旅行代理店アプリ「TRAVEL Now」です。

どうやら出だしは絶好調。わずか5時間で4,400件を超える予約が殺到し、1日の販売上限額に達してしまったんだとか……。

具体的にサービスの内容を説明しましょう。

このアプリで出かけられるのは1〜2名で最大10万円まで。「航空券+ホテル」「高速・深夜バス」のほか、「遊び・体験」といった日帰りアクティビティも含まれています。プランの数はなんと4,000種類。もちろん海外もアリ。

代金は2ヶ月以内に払えばOK。給料日まで金欠気味という人も重たい腰をあげられそうです。

で、ここまででも十分に驚きなのですが、個人的にもっともスゴいと思ったのが次の点。

とにかく、人を信じてる

じつは、あと払いと聞いて連想するローン審査など、面倒な手続きは一切不要なんです。

ユーザーは電話番号で認証し、名前や生年月日といった基本情報を入力するだけ。とにかく「信用」が大前提のサービス、その潔さに驚きました。

実際に使ってみると、本当にサクサク予約まで進めます(スムーズすぎて危うく予約してしまいそうでした)。行き先や価格の表示もわかりやすくて◎。

どんな旅行に出かけられるかは、実際にダウンロードしてチェックしてみて。ちなみに、日帰りアクティビティのプランの幅広さ、想像以上にあります!

Top image: © iStock.com/AleksandarNakic
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
有人宇宙飛行の商業サービスを目指している宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
旅行ガイドブック『Lonely Planet』が「究極の旅行先ランキング」を発表した。今回はサステイナビリティの項目を新たに追加し、500の旅行先をピック...
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
今月、「シンガポール政府観光局」は家庭でシンガポールを楽しめる「オンラインキャンペーン」をスタート。第1弾は「食」、第2弾は「アート」、第3弾は「ショッピ...
「Tripadvisor(トリップアドバイザー)」が、11月6日の決算報告会で、旅行者向けのサブスクリプションサービスをローンチすることを発表した。