「旅行代金のあと払い」ができるアプリが出た!

「旅行代金のあと払い」

学生と親との間でのみ成立していた便利なやり取り(理論上は社会人も可。でもそこは、ねっ)が、“負い目を感じることなく”大人でもできるようになりました。

しかも支払いを待ってくれるのは、親ではなく旅行代理店アプリ!先にお金を払わずとも旅行には行けてしまうわけです。懐が深すぎます。

支払いは2ヶ月後でOK
思い立ったらすぐトラベル!

こんなことを実現させてしまったのは、つい先日リリースされたばかりの旅行代理店アプリ「TRAVEL Now」です。

どうやら出だしは絶好調。わずか5時間で4,400件を超える予約が殺到し、1日の販売上限額に達してしまったんだとか……。

具体的にサービスの内容を説明しましょう。

このアプリで出かけられるのは1〜2名で最大10万円まで。「航空券+ホテル」「高速・深夜バス」のほか、「遊び・体験」といった日帰りアクティビティも含まれています。プランの数はなんと4,000種類。もちろん海外もアリ。

代金は2ヶ月以内に払えばOK。給料日まで金欠気味という人も重たい腰をあげられそうです。

で、ここまででも十分に驚きなのですが、個人的にもっともスゴいと思ったのが次の点。

とにかく、人を信じてる

じつは、あと払いと聞いて連想するローン審査など、面倒な手続きは一切不要なんです。

ユーザーは電話番号で認証し、名前や生年月日といった基本情報を入力するだけ。とにかく「信用」が大前提のサービス、その潔さに驚きました。

実際に使ってみると、本当にサクサク予約まで進めます(スムーズすぎて危うく予約してしまいそうでした)。行き先や価格の表示もわかりやすくて◎。

どんな旅行に出かけられるかは、実際にダウンロードしてチェックしてみて。ちなみに、日帰りアクティビティのプランの幅広さ、想像以上にあります!

Top image: © iStock.com/AleksandarNakic
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
フロリダの「ディズニーリゾート」に『スター・ウォーズ』シリーズをテーマとした新型のホテルが2021年にオープンすることが発表された。「スター・ウォーズ:ギ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
12月10日から、ミズーリ州カンザスシティの公共交通機関の利用が「すべて無料」になった。
英プロバイダー「giffgaff」のブラックフライデー戦略は「何も売らない」という超強気なアイデアでした。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
海外旅行で神経質になりがちな両替所探し。そのストレスを、「Get4x」がキレイサッパリ解消してくれるかもしれません。使いかたはカンタン。交換したい2種類の...
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...