ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」

旅行をするときには、がっつり観光というよりも、自分の行きたいところに行くというスタイルが増えました。そんなときに役立つのは、ガイドブックよりもインターネット。

だけど、海外では「無料Wi-Fiしか使わない!」っていう人もいるのではないでしょうか。となると、ふらっと行った場所の情報を知ることは、カンタンではありません。

こんな悩みを解消してくれるアプリが開発されました。しかも、知識が定着するように、いろいろな工夫がされているんです。

インタラクティブ形式で
楽しみながら知識を得る

D67a3ab2ec24ecb1b190db56961f34013eb17803

「どこに行くのか?」を決めるときに、インターネットが主に使われているとはいえ、どこでも情報を知ることができるガイドブックは頼りになります。これから紹介する観光アプリ「Nexto」は、オフラインでも使えるという意味では、同じくらい当てになることでしょう。

でも、それ以上のポイントは、情報を提供してくれる方法がインタラクティブ形式で、使うときが楽しくなりそうというところ。

04537c573b295ac38f78787a6afa8d924f114d35

例えば、上記の画像では、ロミオとジュリエットが話しているところをメッセージのような形で、見れるようになっているとのこと。

読み込んだ知識を確かめるために、テストをするという機能も。

Ba57c88427e8934cd5cf0c8d2b5683932b299c1b

他にも、ARを使って美術品を鑑賞したり、オーディオブックで聴いたりして、知識を得ることもできるんだとか。

現在はスロベニアでのみ有効。だけど、多くの人が観光情報を編集できる機能もあるので、使える場所がどんどん増えていくそうです。

となれば、ふらっと訪れたところでも、オフラインで調べられることになるかもしれません。「Googleマップ」と「Nexto」さえあれば、海外旅行ができちゃうかも。

Licensed material used with permission by Nexto
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
エッフェル塔や自由の女神、マチュピチュなどの世界的に有名な観光地は、よくInstagramに投稿されています。だけど、「それって同じものばかりじゃない?」...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
「Eightydays.me」をダウンロードしたら使い方は簡単。6都市までの目的地を入力したら、飛行機と電車、バス、フェリーの4つの交通機関から、各都市を...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...