「国民全員を観光大使に」ケニア観光局のプロジェクト

近年リゾート開発も進み、欧米からの観光客に注目されているケニア。言わずと知れた観光名所、サバンナもあります。

同国の政府観光局は国民全員を観光大使にして、より多くの観光客を楽しませたいという考えのもと、ユニークなプロジェクトを始めました。それが「Culture Captcha」です。

これにはインターネットを使っているユーザーが人間かロボットかを見分けるCAPTCHA機能が利用されます。あのグニャグニャになっている文字を入力しなければいけないやつですね。

通常ならランダムの文字や数字が表示されるわけですが、ケニアでインターネットを使う場合は観光地を紹介する短い動画が再生され、それに映っている地名などを入力すると認証完了という仕組みに。

ただし「Culture Captcha」はクイズ形式ではないので、答えとなる名前は初めから表記されているとのこと。あくまでも自然に勉強してもらうのが狙いのようです。

日本でもこんな地道なプロジェクトが必要かもしれませんね。国内の観光地で知らないところも多いですし。

© Culture Captcha / Vimeo
Top image: © Ivan Mateev/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ミュージシャンやビデオグラファーとして活躍するCee-Rooさんのビデオは、視覚だけでなく聴覚的にもワクワクするような作品になっている。
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。