フィンランド政府観光局が本気で「探検家」を募集!

『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよびVisit Finland特設サイトで、現在“探検家”を募集中なのだそう。これは一体、どういうことなのでしょうか?

JPosti-37345_10442

100日間続くと言われている、フィンランド北部の冬。この季節には、空気と光が数え切れないほどの変化を見せるため、 短い滞在ではすべての魅力を体験することができません。そこで、フィンエアーとVisit Finlandは、3ヶ月にわたる壮大な探検旅行を企画。アウトドアに夢中の人に、他では決して味わえないフィンランドならではの冬を満喫してもらうことにしたのだとか。

JPosti-288_10589_R

体験できるのは、18の異なるエクスペリエンス。今回は、その一部をピックアップしてご紹介しましょう。

北極圏のカウボーイキャンプ
トナカイ飼育の見習い

FireShot Capture 947 - トナカイぞりに乗る — VisitFinl_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_tonakai-ni-noru__Rトナカイの飼育は、北極圏の伝統的なライフスタイルの1つ。その独自性は、誰もが体験できるものではありません。

雪の迷路を進む
スノーシューで森の中へ

JPosti-324_10423_R歩いたり、高い所に登って滑ったり…スノーシューをマスターするための1週間。毎日少しずつ難しいことにチャレンジし、大自然の中へ入り込んでみましょう。

北極圏の上空で
スキーの“次のレベル”へ・・・

FireShot Capture 950 - ラップランドでスキー — Visit_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_lappurando-de-suki__Rテレマークスキーは、山を登り下りするための元来のスキー。まずは、モーグルとオフピステに、最後はスキージャンプに挑戦します。

風に乗って、雪山の上へ
スノーカイト

FireShot Capture 951 - フィンランドで本格的にウィンタース_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_finland-wintersport__R風を利用して山の上に行くためには、まず凧を揚げる練習から。追い風、横風、向かい風をマスターしたら、山に向かいましょう。上達が早ければ、ジャンプにも挑戦可能。

砕氷船クルーズと灯台での宿泊

FireShot Capture 948 - 強大な砕氷船サンポ号 — VisitFinland.com_ - http___www.visitfinland.com_ja_kij_R北極圏ならではの方法で、ストレスを発散。巨大な砕氷船でクルーズし、ドライスーツに身を包んで、バルト海の冷たい水に浮かぶ刺激的な体験を。クルーズの最終目的地は、宿泊することになる「灯台」です。

フィンランド流クリスマス
田舎でのんびり

FireShot Capture 945 - 北国のクリスマス — Vis_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_kitaguni-no-kurisumasu__R早朝に森に出かけて、完璧なクリスマスツリーを探すことから始まる、ラップランド流のクリスマス。
白い雪と暖かいキャンドルライトに囲まれた木製のサウナに入る。クリスマスイブに、これ以上望むものがあるでしょうか?

北極圏で犬ぞり体験

Hiihtokuvia Kilpisjärvellä.ハスキーぞりで冒険に行くだけでなく、他では体験できないほど、犬たちと親しくなるチャンス。北極圏のハスキーガイドの足跡をたどり、冬の間そりを引く犬たちを、健康でハッピーにしてあげる方法を学びます。

レベルに合わせた
アイスクライミング!

FireShot Capture 949 - フィンランドで本格的にウィンタース_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_finland-wintersport__Rコロウオマ自然保護区へようこそ。基本さえ習得すれば、さまざまなレベルの氷瀑から、自分のレベルに合った場所を選んでチャレンジできます。常に変わる鍾乳石のような氷瀑は、ベテランクライマーにとっても充分なチャレンジ。

意外と寒くない?
氷の下でダイビング

FireShot Capture 953 - フィンランドで本格的にウィンタース_ - http___www.visitfinland.com_ja_kiji_finland-wintersport__R氷の下に潜るのは、想像するほど寒くないもの。ドライスーツの下に、好きなだけ暖かい服を着込めるためです。いつもとはまったく違った視点で、氷のフィールドが自分の上にあるのを見るのは、なんとも貴重な経験に。

JPosti-188_10560_R

この刺激的な探検旅行は、2015年12月5日から2016年3月3日まで続く予定。当選者はなんと、旅費、食費、宿泊費といったすべてのコストを負担してもらえるのだそう。応募の締切は2015年10月18日。我こそはと思う人は、コチラから応募してみてはいかがでしょうか。きっと、ほとんどの人が知らない“本物のフィンランド”を知ることになるはずです。

Licensed material used with permission by Visit Finland

1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンが描いた漫画、小説などのキャラクター、「ムーミン」。主人公のムーミン・トロールを中心に、ちびのミイやスナフキン、ニョロ...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...