オーロラの「名付け親」になろう!【募集中】

北極圏では8月末から4月末までオーロラを見ることができる、その期間に観測できる数は100以上。そんな人々を惹きつけてやまない神秘的なオーロラの名付け親に、あなたもなれるかもしれない。

北欧諸国の共同観光協会「Visit Arctic Europe」は、オーロラの名前その由来をウェブサイトで公募している。誰でも手軽に応募することができるのが魅力だ。

過去に付けられた名前を見てみると、10月27日から30日まで出現するオーロラは「SAMPO」。おや?まさか散歩?と思うかもしれないが、残念ながら由来は日本語ではなく、フィンランドの民族叙事詩「Kalevala」内にある「魔法の工場」という言葉からきている。

ほかにも、「STEFFEN」は協会が主催するオーロラハントのツアーに貢献する写真家の名前に由来しており、どうやら自分が発見した惑星のように個人の名前をつけることもできるようだ。

我こそは名付け親になりたい!という人は、こちらから応募してみよう。

Naming Auroras オーロラ 名付ける
Top image: © 2020 Thisisarctic.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...