オーロラが輝く夜空で踊る「アクロバティックパラグライダー」

スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。

「今まで世界中の空を飛んできた。けど、ここは違った。暗くて、寒くて、空が燃えていた」

動画には、吹雪の中に立つ彼の姿が。天候が落ち着くまで待機し、オーロラが輝く幻想的なノルウェー・トロムソの上空に向かって、エンジン付きのパラモーターで飛び立ちました。

マイナス15℃の極寒地で行われた撮影のため、装備は厳重。ウエットスーツやバッテリー式の暖房付きグローブをつけて操縦しました。しかし、「ABC News」によれば、最も辛かったのはズバリ「待つこと」だったようです。

彼はオーロラの光についてこう説明しています。

「シャイな子なんだ。一緒に踊ろうって何回誘ってもその姿を見せない。とてつもなくキレイなくせにさ!」

さらに、空では5年前にパラグライダーの事故で亡くなった従兄弟のことを考えていました。

「星空の中を飛んでいると、彼を思い出す。空の上にいる時はいつも一緒だ」

深夜から早朝4時まで続いたダンスパーティ。ロマンチックで素敵な挑戦になったようですね。

Top Photo by Frode Sandbech/Red Bull Content Pool
Reference:ABC News
Licensed material used with permission by Red Bull
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
森の中に張り巡らしたワイヤーを、滑車を使ってすべり降りる、人気アクティビティの「ジップライン」。虹長にはない、あのスリルと疾走感は、子どもでなくともハマっ...