予約しないと住所が知らされない、ミステリーホテル

アイスランドの森深くにユニークなホテルがある。それが、全面透けるビニールのような膜で覆われた『The 5 Million Star Hotel』だ。5百万の星と名づけられている故、多くの星を観ることはできそうな気もするけど、今回紹介したいのはソコじゃない。

夏のアイスランドといえば、白夜。5〜8月までは、太陽が沈まないことで知られている。つまり、星のかわりに「真夜中の太陽」を楽しめる場所。透明で泡のような形状から部屋は「バブル」と呼ばれ、夜空を360度全方向で臨むことができるのだ。 

夕方から夜にかけて
ガラッと変わる部屋の雰囲気

046077a680cae04620f208b47b225913afaadb8dFfe546133a927cec9bced8e6db714f405818f9eaBa9f6c8633daff8a05e85da729831a533a06a41e6161bb41bd138c1d1877050d59d12c72237785386c44107b4fc330d30eb16828d413ac21c26f2e9f507e55deeee88a93acdc8efd131311a43ef6ee1a

外の変化をダイレクトに感じられるのは、視界を遮るものが一切ない構造のおかげ。太陽が沈み、少しずつ闇が落ちていく。暖色のランプに灯りをつければ、温かい気持ちになれるに違いない。普段は忙し過ぎて、考え事すらゆっくりできない人も、ここでならたっぷり時間をとれるだろう。

アイスランドは、世界で最も治安のいい国として6年連続ランキング1位になった国(世界平和度指数調べ)。自然の中で静かにゆったりと流れる時間は、とても贅沢なものだと思えるはずだ。価格は、1泊28,900クローナ(約35,000円)から。

予約しないと住所が知らされない、というミステリーな演出も手伝って、大きな話題を集めている。

Licensed material used with permission by Buubble
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...