はっきり言うね、「現実逃避」したいんだ

 

ここに。

 

 

今週は週明けから天気も安定しないし、疲れちゃったよね? もうすぐゴールデンウィークだからそれまで頑張ろ!って自分を励ましてはいるんだけどさ。つかの間の「現実逃避」くらい、許してくれてもいいでしょ?

南国で泳ぐとかも気分じゃないし、べつにショッピングもしたくないし、食べ歩きがしたいわけでもないし。そうだね、なーんにもしたくない。

 


この『Ion Adventure Hotel』は、アイスランドの『シンクヴェトリル国立公園(ユネスコの世界遺産にも登録されている!)』の近くにあるホテル。

「なんにもしたくない」人に優しいものは何か?って考えたとき、ぱっと出てきたのは星空を眺めること。やっぱりいつの時代も「星空」は、すべての人の味方だよね。

8,588km向こうにある日本のことを、うっすら思い出したり思い出さなかったりしながら、アイスランドで「なんにもしない」をやりたいな。


そんなことをぼーっと考える木曜日。
結局、もうちょっと頑張ろうってなるんだけどね。

 

Ion Adventure Hotel

住所:Nesjavellir, 801, Iceland
一泊あたりの料金:約37,913円(2018年4月現在)
HP:http://ionadventure.ioniceland.is/

Licensed material used with permission by Ion Adventure Hotel
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...