オランダのアムステルダムにある「Lloyd Hotel」|いつかは泊まりたい世界の宿 #7

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

乾燥肌のカレのために……♡

©2019 LLOYD HOTEL

アムステルダムの「Lloyd hotel(ロイド・ホテル)」は、刑務所だった建物を利用したホテルとして日本でもわりと有名。だけど、最初に写真を見た時、あれっ?と思った。

話題になるだけあって内装も洒落てるし、部屋毎にデザインコンセプトが違うっていうのもおもしろい。アイコニックなブランコのある部屋なんかは、たしかに素敵。ただ、どの写真からも“元刑務所”を感じない。

調べてみるとすぐに答えがわかった。

このホテルの建物は、最初はホテルだったらしい(変な言い方だけど)。それが刑務所に転用された後、現在のホテルに改装されたのだ。刑務所っぽくなくて当然。もとを辿ればホテルなのだ。

「なんだ、どうりでカッコイイわけだ」とちょっと冷めたわたしだったけど、1枚の写真をみて、ビビッときた。

この写真。

©2019 LLOYD HOTEL

たぶん、ロイド・ホテルのなかでは、かなりランクの低い部屋だと思う。

写真からも狭さが伝わってくる。ソファとか、デスクとか、ビジネスホテルにもある家具が一切ない。なによりも、シャワールームとベッドルームの仕切りがない!

じつは、そこに惹かれた。

わたしのカレは乾燥肌がひどい。一度一緒に冬のパリに行ったことがあるけど、カレは乾燥した空気に四苦八苦していた。わたしたちカップルの間ではヨーロッパ=乾燥のイメージがある。

でも、ロイド・ホテルのこの部屋は、きっと湿気がすごいはず。部屋全体がシャワールームみたいなもの。カレもきっと気に入るに違いない。

それに「わたしが加湿して、ア・ゲ・ル♡」なんて言いながら、ベッドに横たわるカレの眼の前でシャワーを浴びるとか、バカみたいなイチャイチャもできそう。

ヨーロッパで一番、乾燥対策がなされているホテルの部屋だよ、ここはきっと。

Lloyd Hotel

住所:Oostelijke Handelskade 34, 1019 BN Amsterdam, オランダ
1泊2名あたりの料金:約8,800円〜(2019年2月17日現在)

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!