乾燥肌のカレのために♡
――オランダのアムステルダムにある「Lloyd Hotel」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

乾燥肌のカレのために♡

 

アムステルダムの「Lloyd hotel(ロイド・ホテル)」は、刑務所だった建物を利用したホテルとして日本でもわりと有名。だけど、最初に写真を見た時、おやっ?と思った。

話題になるだけあって内装も洒落てるし、部屋毎にデザインコンセプトが異なるっていうのもおもしろい。アイコニックなブランコのある部屋なんかは、たしかに素敵。ただ、どの写真からも“元刑務所”を感じない。

調べてみるとすぐに答えがわかった。

このホテルの建物は、最初はホテルだったらしい(変な言い方だけど)。それが刑務所に転用された後、現在のホテルに改装されたのだ。刑務所っぽくなくて当然。もとを辿ればホテルなのだ。

「な〜んだ、どうりでカッコイイわけだ」とちょっと冷めた私だったけど、一枚の写真をみて、ビビッときた。この写真だ。

 

©2019 LLOYD HOTEL

 

多分、ロイド・ホテルのなかでは、かなりランクの低い部屋だと思う。写真からも狭さが伝わってくる。ソファとか、デスクとか、ビジネスホテルにもある家具が一切ない。なによりも、シャワールームとベッドルームの仕切りがない!

じつは私はそこに惹かれた。

私のカレは乾燥肌がひどい。一度一緒に冬のパリに行ったことがあるけど、カレは乾燥した空気に四苦八苦していた。私たちカップルの間ではヨーロッパ=乾燥のイメージがある。

でも、ロイド・ホテルのこの部屋は、きっと湿気がすごいはず。部屋全体がシャワールームみたいなもの。カレもきっと気に入るに違いない。

それに「ワタシが加湿して、ア・ゲ・ル♡」なんて言いながら、ベッドに横たわるカレの眼の前でシャワーを浴びるとか、アホみたいなイチャイチャもできそう。

ヨーロッパで一番、乾燥対策がなされているホテルの部屋だよ、ここはきっと。

 

©2019 LLOYD HOTEL

 

Lloyd Hotel

住所:Oostelijke Handelskade 34, 1019 BN Amsterdam, オランダ
1泊2名あたりの料金:約8,800円〜(2019年2月17日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。