デンマークのコペンハーゲンにある「CENTRAL HOTEL&CAFE」|いつかは泊まりたい世界の宿 #1

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

魔女宅気分でカフェの屋根裏に

©Jon Norstrøm

客室はたったの1つ。しかも、カフェの屋根裏に。

世界でいちばん小さいホテル「CENTRAL HOTEL&CAFE(セントラルホテル&カフェ)」。おとぎの街とも言われるコペンハーゲンにふさわしい、ロマンチックでかわいい宿。

「観光は2日あれば十分!」と聞いているデンマークの首都。けれど、わたしはこのホテルに暮らすように滞在して、街を楽しみたい。だから、最低でも4日はいる予定(宿泊料金とお財布事情の兼ね合いで、残念ながらそれくらいが限界。本当はもっといたい)!

暮らすように滞在って?

うーん、イメージしているのは、たとえば、部屋の窓は全開でテーブル席に座って、コーヒーを飲みながら通りの人を観察したり、普段は書かない日記を書いたり、時々何もしなかったり。観光とはちょっと違う日常生活のような過ごし方が、このホテルにはピッタリだと思うんだ。

朝食にはチョコクロワッサンを、甘いものが恋しくなった昼下がりにはバナナスプリットをカフェで食べようかな。そしてスタッフと絶対に仲良くなって、「また遊びに来てね、TERUHA!」なんて言われながら、後ろ髪引かれる思いで街をあとにしたい!

カフェの屋根裏に住むなんて、なんだか『魔女の宅急便』のキキのよう。憧れる女の子、結構いると思うんだけど、どうだろう?

©Jon Norstrøm
©Jon Norstrøm
©Jon Norstrøm
©Jon Norstrøm

CENTRAL HOTEL&CAFE

住所:Tullinsgade 1, 1618 København, デンマーク
2名1泊あたりの料金:約41,696円〜(2019年2月8日現在)

 

Top image: © Jon Norstrøm, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
デンマークの首都コペンハーゲンの市議会は、誰もが自由に取って食べることができる「公共の果樹」を市内に植えることを決定。自然と人間とのつながりが薄くなってい...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
デンマークのコペンハーゲンに誕生した「CopenHill」は、ごみ焼却・発電施設でありながら、スキーやハイキング、クライミングなどが楽しめる、サステイナビ...
デンマークが「世界一幸せな国」といわれる理由も、この「samfundssind(サンファンドシンド)」という考え方の影響なのかもしれない。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...