タイのバンコクにある「The Cabochon Hotel」|いつかは泊まりたい世界の宿 #5

ライターのTERUHAです。

海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

ここは、夢を叶えてくれる場所

©The Cabochon Hotel

ニューヨーク留学中は毎日、ホントに毎日ピザを食べていた。今でも週3回は1/8スライスピザを頬張る生活を続けている。「趣味は?」と聞かれれば「ピザ」と答える。それぐらい好き。

ピザにまつわる夢だってある。それはバスタブの中でピザを食べること。

元ネタはInstagramで見かけたオジサン。

ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!

わたしもあんなふうにバブルバスでピザを味わいたいと強く思った。

ただお風呂でピザを食べるだけなら今日にでも叶うけれど、大事なのはバスタブのルックス。マンション備え付けの浴槽じゃカッコがつかない。それなりの雰囲気を持ったバスタブじゃなきゃダメ。

©The Cabochon Hotel

そういう意味で100点をあげたいのが、「The Cabochon Hotel(カボチョン・ホテル)」のバスタブ。猫脚ではなく台座式っていうのがレアでいい。光がほどよく入る窓があるのもいい。バスルーム以外の部屋も好み。ついでに、バンコクっていうのもいい。エアアジアの直行便で安く行ける。

しかも、このホテルの近くにはニューヨークスタイルの「Pizza Mania(ピザマニア)」がある。ここはバンコクでも人気の高いお店で、ガパオピザなるローカルなアレンジメニューもある。まあ、わたしはアンチョビ推しだけど。

©The Cabochon Hotel
©The Cabochon Hotel

 

The Cabochon Hotel

住所:14, 29 Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
1泊2名あたりの料金:26,452円~(2019年2月15日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。