元ネタはInstagramで見かけたオジサン
――タイのバンコクにある「The Cabochon Hotel」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

元ネタはInstagramで見かけたオジサン

 

ニューヨーク留学中は毎日、ホントに毎日ピザを食べていた。今でも週3回は1/8スライスピザを頬張る生活を続けている。趣味は?と聞かれれば「ピザ」と答える。それぐらい好き。

ピザに関する夢だってある。それはバスタブの中でピザを食べること。

元ネタはInstagramで見かけたオジサン。

ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。

ただお風呂でピザを食べるだけなら今日にでも叶うけれど、大事なのはバスタブのルックス。マンション備え付けの浴槽じゃカッコがつかない。それなりの雰囲気を持ったバスタブじゃなきゃダメ。

 

©The Cabochon Hotel

 

そういう意味で合格点をあげたいのが、「The Cabochon Hotel(カボチョン・ホテル)」のバスタブ。猫脚ではなく台座式っていうのがレアでいい。光がほどよく入る窓があるのもいい。バスルーム以外の部屋も好み。ついでに、バンコクっていうのもいい。エアアジアの直行便で安く行ける。

しかも、このホテルの近くにはニューヨークスタイルの「Pizza Mania(ピザマニア)」がある。ここはバンコクでも人気の高いお店で、ガパオピザなるローカルなアレンジメニューもある。まあ、私はアンチョビ推しだけど。

 

©The Cabochon Hotel
©The Cabochon Hotel
©The Cabochon Hotel

 

The Cabochon Hotel

住所:14, 29 Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
1泊2名あたりの料金:26,452円~(2019年2月15日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
デザイン事務所「SolidSprout」が思い描く、自然とテクノロジーの調和がとれているバンコク。新たな都市計画というものではなく、多くの人に“緑”の大切...
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。