モロッコのマラケシュにある「Le Riad Yasmine」|いつかは泊まりたい世界の宿 #18

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

意外性はゼロだけど

恋、仕事、恋愛、お仕事、彼氏、上司、男、上長、愛する人、勤務先の人……。

一難去ってまた一難。めんどうな悩みがつきないガールなわたし。

ストレス解消法と言えば、『アグリーベティー』を観ながらBEN&JERRY'S(ベンアンドジェリーズ)のパイントを爆食いしたり、Amazonで女の生き方にまつわる本を爆買いしたり、バブルバスにゆっくり浸かったり、枕に顔を埋めてギャーギャー叫んだり、無心で野菜を切りまくったり。

でも、わかっている。1人で家にこもってあーだこーだするよりも、外に出て、誰かとお喋りする方がスッキリする。

きっと仲良しの女友だちとガールズトークするってのが、意外性はゼロだけど、間違いないんだ。

たとえばこんな場所で。

「Le Riad Yasmine(リアド ヤスミン)」。

モロッコのマラケシュのメディナにあるホステル。

こんな場所でやさしい太陽の光とそよ風を浴びながらお喋りしたら、すべてがいい方向に進むような気がするんだけど、ねえ、そこのガールズ、どう思う?

Le Riad Yasmine

住所:209 rue Ank Jemel، Bab Taghzout، Marrakesh 40000 モロッコ
1泊2名あたりの料金:57,410円〜(2019年3月1日現在)

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
18禁のプラネタリウム作品「R18オトナ♡プラネタリウム-古代ギリシャの恋愛博物館-」が、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」と「コニカミノルタプラ...
人気シリーズ「マリオカート」のAR版として発表された「マリオカート ライブ ホームサーキット」が話題に。カメラを搭載した実際のラジコンと共に発売されるとい...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
日・米・独の3ヵ国から最新の自転車を3種類ピックアップ。
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。