モロッコのマラケシュにある「Le Riad Yasmine」|いつかは泊まりたい世界の宿 #18

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

意外性はゼロだけど

恋、仕事、恋愛、お仕事、彼氏、上司、男、上長、愛する人、勤務先の人……。

一難去ってまた一難。めんどうな悩みがつきないガールなわたし。

ストレス解消法と言えば、『アグリーベティー』を観ながらBEN&JERRY'S(ベンアンドジェリーズ)のパイントを爆食いしたり、Amazonで女の生き方にまつわる本を爆買いしたり、バブルバスにゆっくり浸かったり、枕に顔を埋めてギャーギャー叫んだり、無心で野菜を切りまくったり。

でも、わかっている。1人で家にこもってあーだこーだするよりも、外に出て、誰かとお喋りする方がスッキリする。

きっと仲良しの女友だちとガールズトークするってのが、意外性はゼロだけど、間違いないんだ。

たとえばこんな場所で。

「Le Riad Yasmine(リアド ヤスミン)」。

モロッコのマラケシュのメディナにあるホステル。

こんな場所でやさしい太陽の光とそよ風を浴びながらお喋りしたら、すべてがいい方向に進むような気がするんだけど、ねえ、そこのガールズ、どう思う?

Le Riad Yasmine

住所:209 rue Ank Jemel، Bab Taghzout، Marrakesh 40000 モロッコ
1泊2名あたりの料金:57,410円〜(2019年3月1日現在)

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
東かがわ市の老舗手袋メーカー「江本手袋」が手掛けるブランド「佩(ハク)」から、外出先でのコロナ対策に便利なアイテム「ハンドソックス」がデビュー。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...