ここのプールサイドは、ガールズトークがお似合い
――モロッコのマラケシュにある「Le Riad Yasmine」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介していきます。

ガールズトークがお似合いのプールサイド

 

恋、仕事、恋愛、お仕事、彼氏、上司、男、上長、愛する人、勤務先の人……。

一難去ってまた一難。めんどーな悩みがつきないガールな私。

ストレス解消法と言えば、アグリーベティーを観ながらBEN&JERRY'S(ベンアンドジェリーズ)のパイントを爆食いしたり、Amazonでオンナの生き方にまつわる本を爆買いしたり、バブルバスにゆっくり浸かったり、枕に顔を埋めてギャーギャー叫んだり、無心で野菜を切りまくったり。

でも、わかっている。一人で家にこもってあーだこーだするよりも、外に出て、誰かとお喋りする方がスッキリする。

きっと仲良しの女友達とガールズトークするってのが、意外性はゼロだけど、間違いないんだ。

たとえばこんな場所で!

 

 

「Le Riad Yasmine(リアド ヤスミン)」。モロッコのマラケシュのメディナにあるホステル。

こんな場所でやさしい太陽の光とそよ風を浴びながらお喋りしたら、すべてがいい方向に進むような気がするんだけど、ねえ、そこのガールズ、どう思う?

 

Le Riad Yasmine

住所:209 rue Ank Jemel، Bab Taghzout، Marrakesh 40000 モロッコ
1泊2名あたりの料金:57,410円〜(2019年3月1日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...