ドイツのリッタースバッハにある「Bratwurst Hotel」|いつかは泊まりたい世界の宿 #13

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

日独友好親善大使への道!

©BRATWURSThotel

子どもの頃、お弁当のなかにソーセージがあるとうれしかった。銘柄はシャウエッセンでも、ポークピッツでも、赤ウインナーでもなんでもよかった。ともかくソーセージが好きな少女だった。

大人になった今も、その愛は変わってない。

給料日には、Johnsonvillのオリジナルスモークとレモン&ペッパーとホット&スパイシーを大人買いする。3食全部がソーセージという休日も珍しくない。

正直、ほかに惹かれたこともあるし、浮気をしたこともある。でも、やっぱりソーセージが一番。

健やかなる時も、病める時も、喜びの時も、 悲しみの時も、富める時も、貧しい時も、私はソーセージを一生愛することを誓います。

神様にForever Loveを誓った私にとって、このホテルはエルサレム。いつかはわからないけれど、一生のうちに一度は聖地巡礼したい。

©BRATWURSThotel

「Bratwurst Hotel(ブラートヴルストホテル)」。

ニュンベルクから車で約40分、リッタースバッハという人口300人ほどの小さな村で4代続く老舗のブッチャーが、お店の隣にオープンしたホテル。

ロビーにはソーセージの自販機が設置されている。ゲストルームのクロスはソーセージ柄、クッションはソーセージ型、石鹸もソーセージ型。

それはそれで魅力的だけど、私が聖地でやりたいのは、ソーセージ作り。

ブラートヴルストホテルでは、店主が手取り足取り教えてくれるソーセージレッスンに参加して、老舗のレシピをものにしたいと思う。

あわよくば“日本人の一番弟子”という称号を得て、日本の後進たちにその味を伝えていきたい。そして、日本のソーセージ文化の底上げに貢献し、ドイツ大使館から表彰されたりして、日独の友好をもっと深める役割を担ったりしたい。

あれっ?聖地巡礼のはずだったのに、邪念が……。

©BRATWURSThotel

Bratwurst Hotel

【住所】Metzgerei Claus Böbel, Ritterstraße 991166 Rittersbach, ドイツ
【1名1泊あたりの料金】約9790円〜(2019年2月23日現在)

Top image: © BRATWURSThotel, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...