新潟県にある「夢の家」|いつかは泊まりたい世界の宿 #9

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

死の週末

©ANZAI(大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ作品)

13歳の秋に祖父が他界した。

身近な人が亡くなったことで、思春期真っ只中のわたしは、「死んだらどうなるんだろう?」という答えのない問いについて思いをめぐらしてみたりみなかったりという時期がしばらく続いた……なんてことは、特別ではなく、結構多くの人が体験しているんじゃないかな?

むしろ13歳で初めて死に向き合ったわたしは遅いぐらいで、幼稚園児でも「ママ〜、死んだらどうなるの?」ぐらいの問いかけをしているはず。

まあ、早くても遅くても、どうでもいいんだけど。

さて、あれから約10年。

恋に仕事に(主に仕事だけど)忙しいミレニアルズ世代の都市生活者のわたしの日常に、死について考える時間は皆無。

頭の中は目の前の締切と週末のランチでいっぱい。

だけどこの辺で一回立ち止まって、考えてみるのもいいかもしれない。そういう時間があってもいいかもしれない。13歳の時はただただ空恐ろしいだけだった自分の死生観も、今を生きることにつなげられるかもしれない。

というわけで、新潟県にある「夢の家」。

棺桶のようなベッドで眠るんだ。

死について考えるんだ。

©ANZAI(大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ作品)

夢の家

住所:新潟県十日町市松之山湯本643
1泊1名あたりの料金:6,300円(2019年2月19日現在)

※「夢の家」は、旧ユーゴスラビア出身のパフォーマンスアーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチが手がけた大地の芸術祭の作品です。

Top image: © ANZAI(大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ作品), 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。