熱い夜を過ごすミシェル・ウィリアムズになりたい
――ギリシャのイティロにある「TAINARON BLUE」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

熱い夜を過ごすミシェル・ウィリアムズになりたい

 

ミシェル・ウィルアムズ主演の『テイク・ディス・ワルツ』が好き。とくに彼女が不倫相手と数年後に灯台のふもとで会う約束をして別れるシーン!

じつは作中では、灯台自体はあまりフィーチャーされていない。けど、私の頭の中では実際に登場する灯台とはちょっと違うかたちでしっかりと思い描けている。

ギリシャにある側防塔を改築したホテル「TAINARON BLUE」は、かなりそのイメージに近い。

 

©TAINARON BLUE

 

多分、私とカレは別々にTAINARON BLUEに向かう。
 
ホテルのあるギリシャのイティロまでは一人旅だ。
 
さみしい?
 
そうでもない。会えることが前提だから。不倫から恋に発展したミシェル・ウィリアムズとルーク・カービーとはちょっと違う演出になるけど、私は十分にミシェル気分を味わうはずだ。
 
そして、ホテルで落ち合った私たちは、きっと普段の旅先よりも熱い夜を過ごす……。少し枯れた感じの石造りの建物っていうのもいい。周囲は静寂の中、私たちは熱い夜を過ごす……。ライトアップされるプールがさり気なくインフィニティっていうのもいい。海を眺めながら私たちは熱い夜を過ごす……。
 
そう、私は熱い夜を過ごすミシェル・ウィリアムズになりたい!

 

©TAINARON BLUE
©TAINARON BLUE

 

TAINARON BLUE

住所:36.436773, 22.465654, Itilo 230 62 ギリシャ
1泊2名あたりの料金:約26,200円〜(2019年2月20日現在)

 

Top image: © TAINARON BLUE, 2019 TABI LABO
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...