スイスのバニュにある「Experimental Chalet」|いつかは泊まりたい世界の宿 #16

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

やさしいおばあちゃんのようなぬくもり

©Experimental Chalet

その内装やインテリア、落ち着いたカラーパレットからは、“やさしいおばあちゃんのようなぬくもり”を感じる。

“やさしいおばあちゃんのようなぬくもり”……なんか長いし、ホテルを形容する言葉としては伝わりにくいかもしれない。だけど、わたしの中には“やさしいおばあちゃんのようなぬくもり”というジャンルがある。

たとえば、伊東温泉のハトヤホテルがそれ。

訪れるたびにホッとする。安心感がある。癒やされる。

写真でみる「Experimental Chalet(エクスペリメンタル・シャレー)」は、わたしの勘ではハトヤホテルに通じる“やさしいおばあちゃんのようなぬくもり”があるに違いない。

©Experimental Chalet
©Experimental Chalet

バーもクラブ、スパやサウナもある。

スキーへはあと少ししてから出かけようか?

それとも1日中ホテルでのんびりしようか?

悩んだ挙げ句、わたしはきっとホテルで過ごすことを選択する。

なぜなら“やさしいおばあちゃんのようなぬくもり”の前では、スイスのスキー場なんて魅力的でもなんでもないから。

©Experimental Chalet
©Experimental Chalet

Experimental Chalet

住所:Route de Verbier, Station 55, Verbier, CH, 1936
1泊2名あたりの料金:約39,124円〜(2019年2月27日現在)

Top image: © Experimental Chalet, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。