1泊20万円は安い!
――ボリビアのウユニ塩湖にある「Kachi Lodge」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

1泊20万円は安い!

©Kachi Lodge
©Kachi Lodge

 

「人生で一度は行くべき!」といろんなメディアで紹介されていたウユニ塩湖。

「絶景をまとめてみました」という記事には必ずラインナップされていたウユニ塩湖。

ブームに乗って現地を訪れた友達のSちゃんがSNSに写真をあげまくっていたウユニ塩湖。

全部5年ぐらい前のことかな。

当時は私もウユニ塩湖に思いを馳せた。夜な夜な世界の絶景写真集を眺めてた。Sちゃんが羨ましかった。

だけど、ここ1〜2年は忘れてた。長期の休みがとれた時だって、旅先の候補にすらあげなかった。一生分のウユニ塩湖の写真を見たことでなんとなく満足しちゃったんだ。あと、遠すぎるっていうのもある。

だけど今、ウユニ塩湖への思いが再燃している。

きっかけはもうすぐオープンするという「Kachi Lodge(カチ・ロッジ)」。

ドームテント型とでもいうのかな。環境破壊によって地球に住めなくなった人類が別の惑星に建てた基地のよう。ウユニ塩湖上という立地が余計にSF感を強めている。

1泊20万円オーバーという強気な価格設定も宇宙旅行だと思えば安い。

たしかヴァージン・ギャラクティックが企画中の宇宙旅行は2000万円オーバーだったはず。ワンチャン、前澤社長という手もあるけど、世界的クリエイターになるのは大変そうだし、多分私と剛力は気が合わない。

そう考えると、やはり1泊20万円は格安。

ところで写真を見るかぎりすでに完成しているんだけど、なにを準備しているんだろう?もっと豪華にアップデートされるのかな。

 

©Kachi Lodge

 

Kachi Lodge

住所:Salar de Uyuni,ボリビア
1泊2名あたりの料金:約218,780円~(2019年2月16日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ→ウユニ塩湖004 日付:2012,02,24「幸せ!感動!仲間と一緒だから、楽しい」 Ab...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。