テルアビブでランデブー♡
――イスラエルのテルアビブにある「The Jaffa Hotel」

 

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

 

テルアビブでランデブー♡

©Amit Geron

 

憧れの国としてイスラエルを挙げる人が、日本国内に何人いるんだろう?

じつは私はその一人。理由はいくつかあるんだけど、ざっとこんな感じ。

①世界中をまわっている商社マンの友達が「イスラエルが最高!」と言っていたから

②ゲイやレズビアンに人気だというテルアビブのHilton Beachのオープンな空気を一度味わってみたい!

③イスラエル発のボディケアブランド「SABON」の世界観が好き♡

私のなかでイスラエルは、パレスチナ問題の国ではなく、センスのいい進んだ国。

実際に(Google マップのバーチャル散歩で)行ってみると、テルアビブのビーチの雰囲気にそそられる。

リゾートホテルやレストラン、ショッピングモールが並び、バレーのコートやトレーニングマシンが設置されていたりして、そこは理想的なシティリゾート。地中海のブルー、沿道の乾いた感じのグリーンなど、配色が素敵。

肝心の宿は「The Jafffa Hotel(ヤッフォ・ホテル)」がいい。

修道院を改装したという建物は、日本人の私の目にはとってもエキゾチックでワクワクする。夢のHilton Beachまでも自転車で約15分と立地もいい。

絶対セルフィーしまくり。

投稿文言はもちろん

「テルアビブでランデブー♡」

で決まり。

何がランデブーなのかわからないけど、そんなことはどーでもよくって、とにかくテルアビブでリゾートしたい!

 

©Amit Geron
©Amit Geron
©Amit Geron

 

The Jaffa Hotel

住所:Louis Pasteur St 2, Tel Aviv-Yafo, 6803602 イスラエル
1泊あたりの料金:2人約62,306円〜(2019年2月20日現在)

 

Top image: © Amit Geron, 2019 TABI LABO
他の記事を見る
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...