アメリカのサン・ルイス・オビスポにある「Madonna Inn」|いつかは泊まりたい世界の宿 #2

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

使いづらいドアプレート

©Madonna Inn

世界中にあるたいていのホテルと同じく、アメリカのサン・ルイス・オビスポ(ロザンゼルスとサンフランシスコの真ん中あたりにある田舎町)の「Madonna Inn(マドンナ・イン)」にもドアプレートが用意されている。

「PLEASE DO NOT DISTURB.」と書かれたあれ。

だけど、わたしはどうしてもここでは使いたくない。

たとえ朝の遅い時間まで熟睡したくても、締め切り間近の仕事に集中したくても。どれだけ他人にDISTURBされたくないシーンでも、ドアプレートを使いたくはない。

なんでって、ラブホテルのようなムードがぷんぷん漂ってるんだから。

コッテコテが過ぎるインテリアとかその割に築約60年の年季を隠しきれていないあたり、まさにラブホテルっぽい。

ドアプレートを掛けてしまったものなら、部屋の前を通る清掃のおばさんに「ここの部屋の人たちは今……」「あら、仲良しね!」なんて勘繰られるに違いない。ホテル側がリゾートホテルと謳っている手前そんなはずはないんだけど、もうここがラブホテルとしか思えないわたしにとっては大問題。おばちゃんの気持ちがどうしても気になる。気になって仕方がない。

だから、前もっておばちゃんに伝えておきたい。

私情が混み合っておりドアプレートを使えません。どうか、部屋にいることを察してください。

©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn

 

<Madonna Inn>
住所:100 Madonna Rd, San Luis Obispo, CA 93405 アメリカ合衆国
2名1泊あたりの料金:約15,492円〜(2019年2月12日現在)

 

Top image: © Madonna Inn, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
11月1日にオープンする「渋谷スクランブルスクエア」への出店が日本初上陸となるスペイン王室御用達のレストラン「ホセ・ルイス」が、来年5月に世界初のリゾート...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...