清掃のおばさんへ
――アメリカのサン・ルイス・オビスポにある「Madonna Inn」

 
ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

清掃のおばさんへ

©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn

 

世界中にあるたいていのホテルと同じく、アメリカのサン・ルイス・オビスポ(ロザンゼルスとサンフランシスコの真ん中あたり)の「Madonna Inn(マドンナ・イン)」にもドアプレートが用意されている。「PLEASE DO NOT DISTURB.」と書かれたあれ。

だけど、私はどうしてもここでは使いたくない。

たとえ朝の遅い時間まで熟睡したくても、締め切り間近の仕事に集中したくても。どれだけ他人にDISTURBされたくないシーンでも、ドアプレートを使いたくはない。

なんでって、ラブホテルのようなムードがプンプン漂ってるんだから。

コッテコテが過ぎるインテリアとかその割に築約60年の年季を隠しきれていないあたり、まさにラブホテルっぽい。

ドアプレートを掛けてしまったものなら、部屋の前を通る清掃のおばさんに「ここの部屋の人たちは今……」「あら、仲良しね!」なんて勘繰られるに違いない。ホテル側がリゾートホテルと謳っている手前そんなはずはないんだけど、もうここがラブホテルとしか思えない私にとっては大問題。おばちゃんの気持ちがどうしても気になる。気になって仕方がない。

だから、前もっておばちゃんに伝えておきたい。

私情が混み合っておりドアプレートを使えません。どうか、部屋にいることを察してください。

 

©Madonna Inn

 

<Madonna Inn>
住所:100 Madonna Rd, San Luis Obispo, CA 93405 アメリカ合衆国
2名1泊あたりの料金:約15,492円〜(2019年2月12日現在)

 

Top image: © Madonna Inn, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
11月1日にオープンする「渋谷スクランブルスクエア」への出店が日本初上陸となるスペイン王室御用達のレストラン「ホセ・ルイス」が、来年5月に世界初のリゾート...
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。
いつかは泊まりたい世界の宿 #9