清掃のおばちゃんに伝えたい。――いつかは泊まりたい世界の宿②Madonna Inn

 
ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介していきます。

清掃のおばちゃんに伝えたい。

©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn

 

世界中にあるたいていのホテル同様、アメリカのサン・ルイス・オビスポ(ロザンゼルスとサンフランシスコの真ん中あたり)の「Madonna Inn(マドンナ・イン)」にもドアプレートが用意されている。「Please do not disturb.」と書かれたあれだ。

だけど、私はどうしてもここでは使いたくない。たとえ朝の遅い時間まで熟睡したくても、締め切り間近の仕事に集中したくても。どれだけ他人にdisturbされたくないシーンでも、ここでドアプレートを使いたくはない。

なぜって、東京だと渋谷、新宿、池袋、五反田あたりに乱立している、カップルが濃厚なスキンシップを図るために人目を忍んで訪れる……もう単刀直入に言うけど、ラブホテルのようなムードがプンプン漂ってるんだから。

コッテコテが過ぎるインテリアやその割に築約60年の年季を隠しきれていないあたり、まさにラブホテルっぽい。

ドアプレートを掛けてしまったものなら、部屋の前を通る清掃のおばちゃんに「ここの部屋の人たちは今……」「あら、仲良しね!」なんて勘繰られるに違いない。いや、ホテル側がリゾートホテルと謳っている手前そんなはずはないんだけど、もうここがラブホテルとしか思えない私にとっては大問題。おばちゃんの気持ちがどうしても気になる。気になって仕方がない。

だから、前もっておばちゃんに伝えておきたい。

私情が混み合っておりドアプレートを使えません。どうか、部屋にいることを察してください。

 

©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn

 

<Madonna Inn>

住所:100 Madonna Rd, San Luis Obispo, CA 93405 アメリカ合衆国
2名1泊あたりの料金:約15,492円〜(2019年2月12日現在)

 

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ビーチなんて世界中にありふれてる。テントに泊まるっていうのも、グランピング全盛の今、珍しいことじゃない。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
って、言うほど高いところでもないんですけどね。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再燃している。
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...