アメリカのサン・ルイス・オビスポにある「Madonna Inn」|いつかは泊まりたい世界の宿 #2

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!
 
そんなわたしがいつか泊まろうと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

使いづらいドアプレート

©Madonna Inn

世界中にあるたいていのホテルと同じく、アメリカのサン・ルイス・オビスポ(ロザンゼルスとサンフランシスコの真ん中あたりにある田舎町)の「Madonna Inn(マドンナ・イン)」にもドアプレートが用意されている。

「PLEASE DO NOT DISTURB.」と書かれたあれ。

だけど、わたしはどうしてもここでは使いたくない。

たとえ朝の遅い時間まで熟睡したくても、締め切り間近の仕事に集中したくても。どれだけ他人にDISTURBされたくないシーンでも、ドアプレートを使いたくはない。

なんでって、ラブホテルのようなムードがぷんぷん漂ってるんだから。

コッテコテが過ぎるインテリアとかその割に築約60年の年季を隠しきれていないあたり、まさにラブホテルっぽい。

ドアプレートを掛けてしまったものなら、部屋の前を通る清掃のおばさんに「ここの部屋の人たちは今……」「あら、仲良しね!」なんて勘繰られるに違いない。ホテル側がリゾートホテルと謳っている手前そんなはずはないんだけど、もうここがラブホテルとしか思えないわたしにとっては大問題。おばちゃんの気持ちがどうしても気になる。気になって仕方がない。

だから、前もっておばちゃんに伝えておきたい。

私情が混み合っておりドアプレートを使えません。どうか、部屋にいることを察してください。

©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn
©Madonna Inn

 

<Madonna Inn>
住所:100 Madonna Rd, San Luis Obispo, CA 93405 アメリカ合衆国
2名1泊あたりの料金:約15,492円〜(2019年2月12日現在)

 

Top image: © Madonna Inn, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
11月1日にオープンする「渋谷スクランブルスクエア」への出店が日本初上陸となるスペイン王室御用達のレストラン「ホセ・ルイス」が、来年5月に世界初のリゾート...